退職|再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」にお…

もしあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」のよう…

転職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都会から地方に移り住んで、再就職したいと考える人が増加傾向にあります。ここ最近は転職サイトを活用すれば、郊外や地方の求人も簡単に得られますが、ですが、地方や郊外での求人情報では、都市部ような選択肢がないのが難点でもあります。ですから、求人情報サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。求人情報サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもまめに確認し、「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートの情報も注視しておきましょう。

転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動する人は少なくありません。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動するといった方法は最近人気です。しかしながら、よりよい転職先を見つけたいのであれば、転職フェアに参加するのがおすすめです。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加することによってあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それに加え、その場で説明しているスタッフさんから、企業特有の個性を感じられるでしょう。仮に、転職フェアに参加する場合は、面接を受けるのと同じようにしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。仮にフェアの最中に企業側の担当者に気に入られれば、その後応募して面接の本番時に良い手応えを期待できます。

今から転職やることに当たっては、今の業務や仕事の何に不満があるのか…

来週からでも転職活動を希望しているのなら、今いる業務で感じている不満点を明確化する事が良いです。元々不満なことが大きいから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「きちんといまある仕事・業務の客観的に考えた問題な点を明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。その次に仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職の失敗は防ぐことが可能です。

退職|仮に再就職を目指そうとしても、全てが首尾よくいくかどうかはわかりません。

転職を考えたとしても、万事うまく進行するというわけではありません。どうせするなら、そう遠くない将来、転職をしなくてはならないならできれば早い時期に行動に移すほうが良いでしょう。平均的に見た場合、30代前半までは有利な展開を期待できますが、30代後半~40代に達すると転職活動は、かなり難しくなります。もしもあなたが、重要な役職に就いているのなら、転職の気持ちが強くなっていても今の会社に籍を置くことも結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。退職してから転職活動するよりも、現在の会社に残りつつ、堅実な未来を模索しておいた方が堅実です。

退職|「転職サイト」は、大手が運営していたほうがたくさんの転職情報が掲載されているた…

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される数も多くなるので、感じがよさそうな2つか3つの会社を、とりあえずサイトに登録して、勤務地などにチェックマークをいれておき、さらに条件に合う案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと情報収集がラクになります。とはいっても、最初だけは登録するのになかなか労力を要するので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録を行う初回時、多少時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回の準備を怠らないことを心がけましょう。

転職の面接での身なりはクールビズ可とと書いてある場合もあるようです。しか…

再就職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されているケースもあるようです。しかし、クールビズのスタイルで赴くのは本当は失礼なのでは?と疑う人もいます。そういうことで悩みを懐に感じている方に伝えたいのは、企業側からクールビズで良いとされた面接時は伝えられていることをそのまま実行したほうが大丈夫です。悩みすぎてしまい、夏の暑い時期にスーツをびしっと着る格好をすると逆におかしいので、企業側からクールビズでもOKと事前に聞かされたのならクールビズで構わないのです。

転職の意思があるのなら、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。

職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。ことさら、転職した初年度は、大体「研修期間」が含まれていることもあります。自らの新たな仕事に就いたときは、やっとのことで手に入った職場なのに、予想とは裏腹に前職での稼ぎと年収とあんまり同じだったことがあります。それに、仕事内容はとてもキツく、責任重大な立場でもあったので、初年度を越すのもひどく骨が折れました。そのような実体験から1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、出来る限り転職する前から貯金をして備えておくべき、と痛感します。

転職を考えていた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

私はかつてかなり何社かの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルも本当に多種多様でその多くは満足のいく対応をしてくれないアドバイザーばっかりでした。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと気持ちを込めて臨んでほしいという想いが積もり、それが引き金となって自分自身がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーの資格の取得は経済的な負担にもなりました。それに加えて資格取得のための勉強面もかなり大変ですが、お仕事を探している人から頼みの綱とされるような存在になるために頑張っています。

転職先の会社見学ができれば、たいへん参考になります。

転職先で見学などがあるととても勉強になります。会社見学できる会社の中でも、職人さんのいる会社では職人技を近くで見られるため、楽しめます。そのような「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、本来の現場を見せることが少ないです。例を挙げるとブルーワーカーなどの職種です。個人のクセが反映されやすい業種なので、実際に仕事を始めてみるまでは、本当の姿はわからないものです。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と解釈しないことがたいへん大切です。また、見学時に実際に仕事体験ができる会社は問題がありますから正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでない人には万が一何かあっても、それに対する保証は一切ありません。仮に、勧められたとしても丁寧に断っておくようにしましょう。

退職|転職の準備をしておこうと人材会社に登録に行きました。

先日人材会社に登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングを行うために出てきた担当の方が見たところ入社してから間もない新入社員のようで、こちらが説明している話の半分ほどもその社員は理解ができていない感じ。さらに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「自分の強みについて知っておくべきです」とか、一人前のように横柄にしゃべるから非常に不快でした。カウンセリングを担当する人はいくらか仕事を経験している人にしてほしいと思います。

退職|転職活動をする上での最後に残る難関として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問として、今勤務している会社の退職があります。転職先の企業が決定したとしても、今いる企業があなたを放出したくないとして慰留するというのもよくあることです。そうなってしまった場合、何があっても退職する、という強固な信念を保つことが必要でしょう。引き留められて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を作成しておきましょう。そのあとに、決定権のある上司と談判し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、ハッキリと伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動の重要な要素です。

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動において、年収は絶対に無視できません。面接の時、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき実際もらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の会社での年収を水増しせずに申告し、それに見合った希望年収を設定することです。ちなみに、今の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことはよほどのことがない限りありません。仮に、年収が400万なのであれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、一時的に入社できたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

退職|これから転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている…

転職で、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えていてほしい点があります。一般的に派遣に対して、「データ入力」「電話対応」「その他雑用」のような仕事をなんとなく想像してしまう人が多いはずです。はじめは私もそう思ってました。今、働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「電話対応がメインです」と採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。が、業務に掛かると、まさか抜けた正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。特別な知識もなく、入社前の説明とはかなり違っていたので毎日とても困惑しています。とりあえず、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

働く中で回復が難しいほど心的なダメージが蓄積され、転職を考えざるを得ない状況に至ったな…

仕事のために回復が難しいほど心的にかなり厳しくなり、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談する以上に、家族と相談しながら会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。なぜなら、働くのは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に身内の問題でもあるのです。毎月、納得のいく高給をもらっていたからといって、心的ダメージを負うほど、我慢して仕事をするのは好ましい状態とは言えません。現在の社会では、金銭的な豊かさよりも、働きやすいことを優先で前提にしたって良いはずです。ですから、あなたの身内や、自身の心と体のケアを忘れないようにしましょう。

このように昨今の労働環境の慌ただしい変化に際して、若い人た…

現在の企業の雇用事情が変化したことに際して、若年層ほど関心度が高いといわれています。それはたぶん、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。そのため、サラリーマン・労働者といった人たちの「流動化」が年々大きくなっているので、ますます将来、若年層以外の層にも転職の注目が強くなると考えられます。労働市場の「流動化」が進むことで会社の転職は誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」機能していた頃は、「転職」は、そのことで評価が下がりやすい傾向が強い、それで損してしまうこともたくさんありました。しかしながら、時代の流れとともに現在の会社だけに執着する必要が益々無くなったともいわれています。

看護師の転職を決断するキッカケは、人それぞれです。

それと違う職に「転職しよう」と思う理由は人それぞれではないでしょうか。さまざまな理由がありますが、転職するには「職場環境に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚することで配偶者のこともあって出産それから子育てそのうえに親の介護など、仕事環境のいろいろな変化など、これまでのようには働けなくなってしまった」「今の給与体系に不満を感じている」というような悩みがあり決して他人ごとではないはずです。しかしながら、転職を実際に決断するまえに、転職したいと思うに至った理由をリラックスしながら再度、現状認識をしてみることも重要です。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したうえで決断しておくと間違いありません。