退職|前の求人誌には、雇用主が必要とする「性別」について…

退職|一昔前の求人情報では、雇用側が必要とする「性別」につい…

  • 数年前の求人情報に雇いたい人の「性別」までもれなく明記されていました。ですが今では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女の求人・採用差別をあってはならないルールが決まり、応募資格内に男女の性別を記載しないようになりました。ですが、求人する会社側には実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。ですから、実は男性が欲しい案件に、女性が応募してきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、といったトラブルは誰にも起こり得ます。仮に、「女性が活躍している仕事場です」とアピールする案件では、会社側が「女性」を必要としている、と考えたほうが良いでしょう。

    再就職する際、重要となるのが「面接」というものです。

  • 転職する際、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」です。普通、面接の際は面接担当者が当人に対して転職を決めた経緯や仕事の意気込みなどさまざまな質問を投げかけるでしょう。そして必ず、一通りの質問が終わると、今度は、面接希望者側からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当のスタッフから「何か質問はありますか?」と尋ねてくれるわけです。こんな時は、気持ちの準備もできていないし、戸惑う事もありまよすね。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接を受ける前に面接担当者からの問いに対する、(あなたからの質問を)いくつか考えておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

    退職|女性が転職するに当たり、現在とセクハラが問題視される前で…

  • 女性の再就職に際して、ここ最近と一昔前では少なからず、違いがあります。前までは、結婚の予定や出産後の考え方などについて、自然に女性に質問していました。ところが、最近では、その手の内容は、「セクハラ」と捉えられ、聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。また、名の知れた大企業ほど、神経を尖らせているようです。けれど実際、会社側は、〇か×の2択でなく、その女性の人生観結婚後も働きたい、育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいと思っています。自分の将来設計を知ってもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと混ぜながら伝えることで、面接担当官にもしっかり伝わり、安心してもらえると思うわけです。というワケで、質問されていない内容でも、先にあなたの側から配慮し、答えてみると良いでしょう。

    退職|転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人が多いです。

  • 転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。ですが、忙しく働きつつ求人情報を調べながら、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは心身ともに負担が大きいです。転職活動を行っている間は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、もしも、そうした場合に書類選考が通りいざ面接というときに辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを通している場合はそのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、応募した企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを理解しておきましょう。

    退職|派遣社員になっても1年経ったら好きなタイミングで辞められるわけではない…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと転職を経験して感じました。私は新婚生活が落ちついたあとすぐにでも子供を授かりたかったので、子供ができるまでと思いおよそ1年半~2年くらい今の継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、収入は少なかったですが、派遣社員という道を選びました。しかし、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちの大多数のスタッフが派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。派遣を選択しても、期間が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、この先どうすべきか、とても困惑しています。

    これから転職される人で次の仕事をする前にある程度期間があるのなら・・

  • 近いうちに転職される人で次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、ぜひ「失業手当」をもらっておいた方がお得です。この手当ては働いている会社側で雇用保険を払っているところであれば、必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、現在の会社都合の退職、または残業時間次第ですぐにもらえる場合もあります。さらに受け取れる失業手当の金額は会社で最後となる勤務月の直近の給料を軸に失業手当の支給する額を計算されるため、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

    退職|転職の面接などの場面で面接担当者に名刺を手渡された・・

  • 転職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を差し出された場合、あなたも同様に名刺を差し出す方が良いのかどうかと悩んだら、ほとんどの場合は差し出さなくても良いと頭に入れておいてください。転職のための面接というのは仕事の一部ではなく、職を得るための採用活動の一環です。ですから普通一般的には名刺を交換する場とは異なります。さらに、あなたは立場上会社の者としてその場にいるのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。そういった訳で、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらにおいては受け取るだけで問題なくて、相手側にあげる義務はないと言えます。

    派遣会社に入っています。インターネットサイト内で気になる仕・・

  • このところ私は派遣会社で働いています。サイト内で何の気なしに条件のよい仕事を見つけ問い合わせをしてみると「そのお仕事はすでに他の人でお話が進んでいます」とお断りされて一瞬サイトからもお仕事情報がなくなるのですが、翌日にチェックすると再びその求人募集が掲載されています。これは結局は私だとよくないのっていう意味ですよね。そうであればトラブルにならない程度にはっきりと伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまたもしかして偽の仕事なのでしょうか?

    再就職で職場を一新するということは、自分自身に適合する…

  • 再就職して職場を一新するということは、自分自身に適合する新たな就職先に再就職したいものです。勤務先、職場を変えると、あなたにうってつけの仕事に就くことができるかもしれません。しかし、実際に行動するとなると、相応の努力を持っていないと、転職自体が難しいです。他の言い方をすると、あなたの才能次第で、「天職」に巡り会えるチャンスも高くなる、ということ。今のご時世では、職業選択の自由が社会的に受け入れられているので、退職を決断し転職しても面倒も生じないでしょう。終身雇用制度が死語となりつつある現代は「役に立つ人材が欲しい」と感じている企業もどんどん増加していますので、この好機を有効活用してみてください。

    全くの未経験である分野などに転職を考えるときには、以前の仕事で…

  • 経験のない業界などに転身したいときには、以前の仕事で、自分が培ってきた能力や経験が生きるというアピールが必要になります。経験をしたことのない業種の場合、その分だけその業界で経験してきた人たちよりも損にはなりますが、自らの持っている能力がその業界においても十分に生きるということを話せれば、勝負になるケースは多くあります。そんな訳で、未経験であるジャンルに挑む場合は、その業種と自分がこれまでやってきた仕事とのかかわりを可能な限り見付けましょう。

    転職の際に現在働いている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、…

  • 転職するにあたり、現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、仮にあなたの側から退職願を提出して退職する、いわゆる「依願退職」のときは即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後で失業が認定されてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると勘違いしている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してその結果ハローワークの職員さんと過去に口論していたのを見たことがあります。例外として、リストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのち直ちに失業保険をもらえます。

    転職活動では、企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接官との…

  • 転職のための活動は企業そのものというより、ある意味、「担当面接官」との勝負ともいえます。希望する職種に採用してもらえるように、第一歩として面接だからといって平常心で対応しましょう。たとえばお見合いをする気持ちで向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。また面接官に対しては第一歩として自分の人間性をチェックされるので悪い評価になるような言動は注意しゼッタイにやめましょう。また社会人らしく転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

    安定性を送ろうと正社員として働こうと思っている人はかなり多いのが現実だと思います。

  • 安定的な暮らしを手に入れるべく正社員を狙っている人は相当います。でも、相当に頑張っているのに中々正社員として雇用されることが難しいこともあります。準社員の求人はかなりあるのに正社員の求人以外を見ないで応募しない人も多いでしょう。しかしあなたが、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、派遣社員の求人募集も見てみましょう。企業のなかには、実力次第で、数年で正規雇用への転身できることもあるからです。ですから面接時にこういった可能性をヒアリングしておくと今後の役に立ちます。

    退職|以前の私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • 今までの私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で探していました。なぜなら、有名な「転職サイト」は、やはり都心部にある会社の求人情報が多いからです。これまでの求人を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、古くから地域に寄り添った企業が多く、安心して面接に進むことができます。また、「ハローワークはなんか地味だなぁ」というイメージがある人も多少いるかもしれません。魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、もし転職を検討しているのなら、お近くのハローワークに行って、相談するものいい案です。「転職サイト」みたくこれでもかというくらいの電話・メールに悩まされる心配もありません。

    再就職する場合絶対に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書について・・

  • 転職をする場合絶対に準備する必要のある履歴書や職務経歴書に関してですが、大方はパソコンを用いて作成するのが通常です。我が国においては履歴書についてはパソコンで書かれたものではなく自筆で準備するのが当たり前だと考えられている面もありますけど、それは新卒の就活やアルバイトの際に用意する履歴書であって、実際には、転職をする時については履歴書は絶対に手書きでないといけないとまでは言うことはできません。自筆の履歴書の方を良しとするところもありますけど、そうではない企業がずっと増えてきているようなので、パソコンで書かれた履歴書や職務経歴書でもよろしい場合は多くあるのです。

    退職|職を変える時に必要なスーツの色味については、新卒の方が就活の…

  • 転職時の面接でいるビジネススーツの色は、新卒の就活の時に着用している色味が良いです。言い換えると、紺系や黒系の暗めのカラーになります。転職のケースでも、着用していくスーツの色合いは黒系や紺系の落ち着いたカラーが多数で、それ以外の色の人はほぼいません。他のカラーで言えば、たまにグレーを着ている方がわずかにいるほどです。全体から見ても紺や黒が圧倒的に多いので、人事から見ても黒や紺色であるほうが普通のように感じてしまいますから、身だしなみ、という観点においてはおすすめしたいのです。