退職|将来に目を向け、楽しみつつ、再就職と付き合っていけば・・

たのしい気持ちでいながら再就職と付き合っていけば、精神的な負担が減るので・・

  • 将来に目を向け、楽しみつつ、転職と向き合うことで、精神的な負担が減少するので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。また精神的な箇所が健全な状態のままであれば、直ぐに転職が出来るでしょう。最良なのは、やはり、ブランクを設けないで転職先を見つけることが大事です。現在の仕事をしながら、次の勤め先を見つけるのが良いと思います。間をおかなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうしていれば、職歴にも空白期間がなく、履歴への影響も回避できます。要するに、再就職の際に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、上手に転職活動を進めてみましょう。

    もし、現職からの転業の決意したなら、会社の人にはその気持ちがばれないように・・

  • 一度、転職の思い立ったのなら、徹底的に周りに内密にその気持ちを言わないように、首尾よく活動を進め、現職にいるあいだは、できるだけ周りの人に気づかれないように普通に仕事をする方がたいへん安全です。現職中、その状態を保っておくと、もし仮に希望に沿う転職先を見つけられなくても、転職時期を保留しながら、今の職をそれまで通りに続けることも簡単にできます。そうではなくて、思わず「転職するつもりでいる」と口にすると、社内の人は、それに合わせて応対します。しかも会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲からは「あの人はもうじき退職する」と広まります。そういったシチュエーションのあとで、転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちには、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍しているあいだ、身の置き所がない思いををするリスクがあります。

    はじめて「失業保険」をもらう場合、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が…

  • 生涯初の失業保険を受ける場合、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人がほとんどだと思いますが、それは誤解です。実際は、失業保険の給付を希望通りにもらい続けるためには、仕事を探していることが必要で、それとは別に、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月間隔で職員に求職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。因みに真剣に就職活動に取り組んでいないと思われたり、毎月の職員との面談に不参加なときは、強制的に給付の一時停止となったり、ケースによっては以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために注意してください。

    あなたがもしも、「転職サイト」を活用して自らのやりたい分野の…

  • あなたが今、「転職サイト」を活用してあなたのライフスタイルに合った将来性のある企業情報を調べているのなら、転職エージェントはかなり有効な手段といえます。必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、その場で紹介してもらえる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比較対象にならないほどかなり質がいいといえます。そればかりでなく、自分に合ったものをピックアップし、調べたうえで、紹介してくれます。ですから、かなり高い精度で理想に近いあなたの理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同一の求人を発見したとしても、あなたが自身で手当たり次第に探すのと比べればとても効率的です。そのうえ試してみる価値はあります。

    仮にあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」において…

  • あなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都市部から地方に移って転職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。ここ最近は転職サイトの地域指定をするだけで、地方や郊外での求人情報にもいつでも閲覧できるようになりました。けれども、郊外や地方での求人に関しては、どうしても都市部よりも少ないので、その点がマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも定期的に確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートに関する情報もアンテナを張っておきましょう。

    転職エージェントや転職サイトなどを使って、転職活動するといった方法は最近人気です。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを使って、転職活動すること自体、一般化してきました。でも、もっと確実によい仕事を見つけたいのであれば、並行して転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加したのなら多くの企業に関する情報を得ることができ、また、説明員等を通じて、企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに行く際には、これも面接のうちだと思って自身を売り込む気持ちで行きましょう。その結果としてフェアでの交流を通じて、企業側に必要な人材と思わせることができれば、その後応募して採用面接でアドバンテージになります。

    そのうちでも転職を予定しているのなら、直近の職場の何に不満を感じているのか・・

  • いよいよ転職することを考えているのなら、現状の仕事・業務での納得いかない部分、不満に思う部分を洗い出しておきましょう。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満なことが限界に達しているから転職したい、と考えるのは分かります。でも「しっかりと現状である職場の問題なことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあと、もしも転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。転職したとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を防ぐ事ができるでしょう。

    仮に転職を考えたとしても、思ったとおりの成果が得られ・・

  • 仮に転職を目指そうとしても、何もかもが首尾よく運ぶという確証はありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならいずれにしても転職をしなくてはならないなら年齢が若いうちに変えてしまった方が良いです。一般的には、30代前半までは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代となってからの転職というのはとても厳しくなります。重要な役職をすでに担当しているのなら、転職に気持ちが傾いたとしても、現在の仕事を続けるということを選択項目に残しておくべきです。要するに、退社してから転職活動をスタートさせるよりも、現在の会社に残りつつ、時間をかけて注意深く行動したほうが良いということです。

    転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載案件も多いの・・

  • 転職サイトは大手のサイトであるほど豊富な量の転職情報が掲載されているため、2つか3つ、まずはウェブサイトに登録して、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、次に条件に合う案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に転職についての情報収集を行うことができるようになります。ただ、初めに限っては登録するのが少しばかり大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録の初日は、時間が多少掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後の応募を考えれば、初めの準備に手を抜かないことを推奨します。

    退職|再就職の時にする面接ではクールビズでも大丈夫ですよと伝えられることもあるようです。ですが・・

  • 職を変える際の面接についてですが会社側からクールビズでも大丈夫ですよと連絡が来る場合もありますが、クールビズで行くのは失礼なのでは?と思いがちです。クールビズに関する迷いを抱え込んでしまっている方にアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズで良いとされたのなら、書かれている内容をそのまま守った方が間違いないです。悩みすぎてしまい、暑苦しい最中しっかりとスーツを着用すると相手側に不自然に思われますから、企業側からクールビズでもOKと言われたらクールビズで大丈夫なのです。

    新しい職場(転職先)では、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 転職しようと思うなら、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。中でも、入社1年目の段階では、大方試用期間を含んでいる会社が可能性は少なくありません。自分の事例では、せっかく手にした職場だったものの、悲しいことに前いた会社での年間報酬とほとんど同じということがありました。そのうえ、仕事はきついうえに、かなり責任を伴い初年度を越すのもひどい状態でした。そのような経緯から1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、できれば転職するよりも前から貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

    退職|私が転職を考えていた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していのだ・・

  • 私は以前何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に特に感じたのはサポートしてくれる担当者の質が本当にまちまちでほとんどは物足らないと感じる方でした。こちら側は人生かかっているのにもっと思い入れを込めて向き合ってほしいという想いがいっぱいになってしまいました。そのことが発端となって自らキャリアカウンセラーの資格取得を目指すことにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るためには支出が増えましたし資格取得のための勉強面においてもとても大変でしたが、お仕事を探している人から頼みとされるように努力しています。

    退職|転職候補に挙がっている会社で見学などがあるととても参考になります。

  • 転職候補先での見学に参加するとたいへん勉強になります。また、職人さんのいる会社では職人技を間近で見られるので楽しめます。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、日常の現場を見せることがまずありません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。この業種では、癖の強い人が多いので入社した後でないと、本当の姿はわかりません。そのため、仕事=見学内容と思わないことがたいへん重要なのです。ましてや、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますから気をつけましょう。雇用契約を結んでない人には何かしらのトラブルが起こっても、保証も一切ないので、仕事体験を勧められても丁寧に断っておくようにしましょう。

    人材紹介会社へと登録に向かいました。

  • 3日ほど前転職の準備をしようと人材バンクへ登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当者がどうも会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明をしていることの半分ほども彼はわかっていない感じでした。それでいて「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておく必要性があります」とか、一丁前の話を横柄に言うからとても不快な気分になりました。カウンセリング担当者はそれなりに仕事を経験している人にするべきだと思います。

    転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、現在勤務している会社の退職があげられます。

  • 転職活動の最後の難問として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業が採用の内定を出したとしても、今いる会社があなたを手放したくないとして慰留することは多々あります。そのようなケースでは、「ゼッタイに退職する」という強い意思を保つことが重要です。たとえ会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を記入しておきましょう。その後、決定権を持つ上司と直接話し、退職を考え直す可能性はありませんと、キッパリと伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動において重要な要素になってきます。

    就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。

  • 就職活動において、ポイントになるのが年収です。面接の時、現職の年収と、今後の希望年収額も訊かれるはずです。このとき年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、年収400万の人が転職後に500万円となる可能性は普通はありません。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが正しいです。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職に追い込まれることもあるので、注意しましょう