退職|時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年経ったら…

派遣社員になっても契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経ったらすぐ辞められるというわけではないことを転職を経験して理解しました。結婚生活が落ちついたら、早く子供を持ちたかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい継続で仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員であったために、正規よりも収入は少なめでしたが、それでも時間的な自由を得たかったので、あえて選択しました。でも、入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんど派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣社員であってもすぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • 今から転職される人で次の仕事をする前に期間があるのな・・

  • 年内中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。これは働いている会社がしっかり「雇用保険」を支払っていた場合は、誰しも失業手当を受け取れます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自己都合での退職なら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、勤めている企業の都合の退職、または残業時間次第でただちに受け取れることもあります。このときの、支給される「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の近々の給料がもとになって失業手当の金額を算出されるので、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 再就職の面接などの場面でもし担当者に名刺を手渡された・・

  • 転職の時の面接などの際に担当者に名刺を手渡されたら、こちらも名刺を相手に渡すべきかどうかと対応の仕方に迷ったら、大体は渡す必要のないもの、と思っておきましょう。転職のための面接というものは仕事の一環ではなく、職に就くための採用活動の一部なので、一般的に名刺をやりとりする時ではないのです。加えて、あなたは立場上会社の者としてではなく、個人の問題でそこにいるわけです。そのため、もしも相手から名刺を差し出されても、こちらにおいては、ただ受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげる義務はないと推測できます。

  • 派遣会社を通じて働いています。

  • 派遣で働いています。インターネットサイトの中でなにげなくよさそうな仕事を見つけ応募しようとすると「その仕事はすでに別の人に決まりました」と答えられ瞬間的にサイトから仕事情報が消えるのですが、どういうわけか翌日に閲覧すれば再掲載されています。これは結局私だとダメと言いたいのですね。そういうことであれば初めからトラブルにならない程度にはっきりと言ってくれるといいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。はたまたもしかすると存在しない仕事を載せているのでしょうか?

  • 再就職で仕事先を一新するということは、自分に見合っ…

  • 再就職することで仕事先を一新するということは、自分に合う再就職先を探したいものです。職場や勤務先を変えることで、驚くほどの適職に就く可能性もあります。ですが、デメリットもあって、即戦力となりうるスキルを持っていないと、良い職は得にくいはずです。別の言い方をすると、あなたの才能次第で、天職に恵まれることも可能、ということです。近年は、職業選択の自由が権利として認められているので、仕事場を変えても何の偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。事実、終身雇用が死語となりつつあるこんにち「優秀な人材が欲しい」と感じている企業もだんだん多くなっているので、この好機を生かしていきましょう。

  • 経験のない分野などに転身したいときには、以前の職場で…

  • 未経験である業界などに転業したい場合には、自分が前の職で養われた力や今まで経験したことが生かせるといった内容のアピールがいるようになります。その業界の未経験者は未経験の分その業種で働いたことがある人よりも実際のところ、不利になりますけど、自分自身が保持している力がそのジャンルでも生かせるということをうまく相手に話せれば、勝負になる場合もあります。そのため、未経験であるジャンルにチャレンジする場合は、その業種と前の職場でやっていた職務との関連を可能な限り探しましょう。

  • 退職|転職を予定しているのなら現在勤務している会社を退社する・・

  • 転職を行うにあたり、現在働いている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、あなた自身が退職願を出して退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、失業保険はすぐに受け取れません。手続きを行い、失業したことが認められてから3か月待たないともらえないのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますが実際に誤解してしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでそれが原因となりハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、自分側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定されてから直ちに失業保険がもらうことが可能です。

  • 転職活動といえば、希望する企業そのもの、というよ・・

  • 転職のための活動は希望する企業そのもの、というよりも採用担当の面接官とのやり取りが重要といえます。面接で良い印象を与えるために、はじめに面接が始まるときに平常心で対応しましょう。素敵な女性とのお見合いのようなつもりでいる望むと良いでしょう。更に大事なことは面接官に対しては第一歩としてあなた自身の「人間性」を観てもらうわけですから、悪い印象を与える行動は気をつけて避けましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。

  • 安定した生活基盤を求めて正規社員として働くことを意識している人が…

  • 安定した人生を手に入れるべく正社員を目指す人は多いのが現実だと思います。しかし、相当な努力をしていても、正社員として採用されることが叶わないケースも少なくはいはずです。準社員の求人情報があっても、正規雇用の求人情報に執着しすぎて、時間を無駄にしてしまっているようです。もしもあなたが、中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、非正規雇用者の募集も見てみましょう。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、実力次第で、数年で正規雇用にステップアップを図れるようにしている所があるからです。ですので面接を受けた時に、「正社員登用」の可能性があるかどうかを訊いておくようにすれば人生設計にも役立ちます。

  • 以前は、「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」を利用していました。

  • これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。どうしてかというと、規模の大きな「転職サイト」は、システム上、都心部にある企業の求人しかないからです。そのため、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。人気の転職サイトに掲載されている求人より多少企業や給料といった条件は見劣りしますが、地域に根ざした情報が探しやすい魅力があります。しかし、「ハローワークって地味な雰囲気がある」というイメージがある人も多数いるはずです。以外にも、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、数年以内に転職したい場合は、ハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。大手転職サイトのように執拗なニュースレターの心配もありません。

  • 転職の時に絶対に用意する必要がある履歴書などに関して…

  • 転職をしようとする際に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などに関しては、原則、パソコンを用いて作成するのが主流となっています。現代の日本では履歴書については手書きで作成するということが普通だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実際のところ、転職をする時については履歴書や職務経歴書は絶対に手書きでないといけないと言い切ることはできないのです。自筆の履歴書や職務経歴書を評価するケースもあるようですが、そうじゃない会社が多くなってきていますから、パソコンを用いて作成した履歴書や職務経歴書でも良い場合はけっこうあるのです。

  • 退職|転職の時の面接でいるビジネススーツの色は、新卒の就活・・

  • 転職の面接でいるビジネススーツのカラーは、新卒の学生が就職活動の時に着る色が一般的なルールとなっています。ということは、黒系や紺系のダークな感じのカラーになります。再就職の面接でも、スーツのカラーはこういう暗めの色が大方を占めそれ以外の色の転職者はほとんどいません。それ以外だと、まれにグレーを着ている人がいるくらいです。全体的な割合をみても黒や紺色がほとんどです。ですから、人事の方から見てもそういった色であるほうが普通に見えます。ですから、見た目の印象という観点では推奨したいわけです。

  • 退職|楽しみながら再就職に向けての転職活動と向き合うことで…

  • 楽しい気持ちを持ちながら再就職に向けての転職活動をすることができれば、精神的な重荷を抑えられるので、転職期間中の堕落も回避できます。メンタルにも良好な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。一番ベストな形は、やはり、休職期間をつくらず新たな勤め先を見付けることが大事です。現在の会社を退職せずに新たな職場を探すのがベストだと思います。そのうえ、ブランクをつくらなければ現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そうすることで、職歴の空白期間がなくなるので、履歴も傷がつきません。つまり、転職の際に不利になることがないということです。今後を踏まえて、円滑に転職活動を進めていきましょう。

  • 現職からの転職の決心を固めたなら、周囲にそれを伝え・・

  • 例えば、現職からの転職を決めたのであれば、徹底して周囲の人間にはひそかにそれを言わないように、活動を進め、転身先が決まらないうちは、可能な限り社内の人間に知られないようにいつもと同じように業務をこなしていくのが賢明です。現職中、その点を自覚しておくと、希望通りの働き先がすんなり見付けることができなくても、転身時期を保留しながら、現職をそのまま続けることもトラブルの心配がありません。そうではなくて、迂闊にも「転職するつもりでいる」と口にすると、会社の人間は、それを受けた行動をし始めます。また社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、同僚からは「あいつは辞める人」という位置づけになります。そうなってしまってから転職したい思いが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」という目であなたを見るため、在籍中は、肩身の狭い思いををするリスクが高いです。

  • 初めて「失業保険」を受けるとき、じっとしていれば給付されると思っている…

  • 生涯初の失業保険を受けるケースでは、何もしなくてももらえると思っている人がたいへん多いですが、それは間違いです。実のところ、失業保険をもらうためには、「就職活動」をしていることが必須で、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとにハローワーク職員との面談を経て、きちんと仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。仮に、きちんと就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談に参加しない場合は、問答無用で給付を一時的に止められたり、ケースによってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないために注意してください。

  • 退職|あなたが今、「転職サイト」を活用して自分の能力を思う存分発揮できるよう…

  • 今あなたが、「転職サイト」を利用して自分の希望条件に合った将来性のある仕事情報を見ているのなら、転職エージェントを利用しない手はありません。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録のあと、その場で紹介される仕事は、誰でもチェックできる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比べ物にならないくらいたいへん高品質といえます。それに加えて、あなたの希望にフィットしたものを調査した上で紹介してくれます。ですから、かなりの精度で希望するあなたの理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが自力で最初から調べるのと比べればとても効率的です。ですから試してみる価値はあります。