退職|時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を過ぎたら…

派遣社員になっても好きなタイミングで退職できるわけではな…

  • 派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと転職で気付かされました。私は新婚生活が落ちついたあとすぐにでも子供を持ちたかったので、妊娠するまでの期間のために1年半~2年ほど今の会社で仕事出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員としてだったので、正社員より年収は少なかったですが、それでも時間的な融通が得られるのでガマンしました。ですが、いざ入社したあと、一緒に働く人たちの大半が派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。意外にも派遣を選択しても、期間が過ぎたら辞められる雰囲気ではないと気付かされ、この先どうすべきか、とても困惑しています。
  • 退職|年内中に転職活動を始める際、次までの仕事にある程度期間がある…

  • 年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は現在の企業側がしっかり「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、状況によっては企業の都合の退職、残業時間の内容次第ですぐにもらえる場合もあります。受け取れる「失業手当」の額は、最後に働いた月の給料を基準に手当の額を計算するので繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 退職|再就職の面接などにおいて面接担当者に名刺を渡された…

  • 転職での面接などの時に担当者に名刺を渡された時、あなたも同様に名刺を渡すべきであるのかどうかと対応の仕方に迷ったら、ほとんどは差し出さなくても良いと頭に入れておきましょう。面接に関して言えば仕事ではなく、職に就くための就職活動の一部であるわけですから、一般的に考えて名刺を交換する時間とは異なります。それに、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。要するに、相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなたのほうは名刺を受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手に渡す責任は必ずしもないと判断できるのです。
  • 退職|このところ私は派遣の会社に入っています。

  • 派遣で働いています。サイト内でなにげなく気になる仕事を探し出して聞いてみると「残念ながらその仕事は、別の人の採用が内定しています」と断られて一瞬サイトからもお仕事情報が消えるのですが、どういうわけか次の日になるともう一度載っています。これって結局私だとよくないのって意味ですよね。そういうことならば変に隠さないくらいに正直に言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。はたまた客寄せのための架空の仕事を載せているのでしょうか?
  • 転職によって職場を新しく換えるということは、自分自身に見…

  • 転職することで職場を一新するということは、自分自身に合う勤め先に転職したいものです。勤め先を変えれば、向いている仕事に出会えるかもしれません。しかしながら、メリットだけがあるわけでななく、雇用側が必要とするスキルがないと、転職自体がままなりません。言い換えると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」にありつくチャンスも高くなる、ということ。今の時代は「職業選択の自由」が社会通念上として当たり前になっているので、退職して転職しても偏見を持たれてしまうおそれもありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある今現在、「優秀な人材が欲しい」と思っている企業もどんどん増加していますので、この好機を有効活用してみてください。
  • 全くの未経験の業界などに転職するときには、以前の職で、自分…

  • 全くの未経験である業種などに転身するときには、自分が以前の職で培ってきた能力やこれまでの経験が生きるという自己アピールが必要です。その業界で経験をしたことがないという人は経験のない分その業種で働いたことがある人よりも損にはなりますが、自分の持っている力がそこで十分に生きるということをしっかりと相手に伝えれば、戦えることも十分にあります。という訳で、未経験である分野に挑む際には、その業種と今まで自分が経験してきた職務との関連をできる限り探しましょう。
  • 転職に先立って現在働いている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが…

  • 転職する際、現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしもあなたのほうから退職願を書いて退社する、いわゆる「依願退職」の場合には失業保険をすぐさま受け取れません。手続きをした後で失業が認定されてから3ヶ月経ないといけないのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、実際に誤解してしまった人が、それが原因となりハローワークのスタッフと言い争っていたのを過去に見たことがあります。加えて、退職者の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定が下ったのちすぐさま失業保険が給付されます。
  • 退職|転職活動を成功させたい場合、希望している企業そのものよ・・

  • 転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりというより正確には「担当面接官」とのやり取りが重要といってもいいでしょう。希望する職種に採用してもらえるように、先ずは緊張せずに焦らずに対応しましょう。例えれば女性とお見合いをするような意識で向かうのも大事でしょう。面接内では先ずあなたの雰囲気や人間性をくまなく見られるので悪い印象を与える言動は注意しゼッタイにやめましょう。そして社会人らしい面接に適した服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。
  • 安定的な暮らしを手に入れるために「正社員」として働こうと考えている人・・

  • 安定した暮らしを手に入れるために正規社員になりたいと思っている人は少なくない、というのが現状です。即戦力として働けるようにいくら努力しても、中々正社員としての転職活動そのものがうまくいかない可能性もあります。準社員の求人はかなり充実しているのに正規雇用の求人募集以外はそっちのけで落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。万一中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員や派遣社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員募集の会社のなかには、働き手の実力により、2,3年で正社員へのキャリアアップを狙える可能性もあるからです。面接時にこうした可能性を質問しておけば、人生設計にも役立ちます。
  • 今まで私は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を活用していました。

  • 以前の私は、職探しは「転職サイト」よりも私はハローワーク派でした。というのは、大手の転職サイトはなぜか都心部にある企業の求人がほとんどだからです。であったため、転職時は「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、求人募集をしているいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、地域に密着した企業も多くあり、とても信頼性が高いです。「ハローワークを利用したことがないから不安」と思われている方もいるはずです。以外にも、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、数年以内に退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークに行って相談してみてください。大手転職サイトのような大量の電話・メールに悩まされる心配もありません。
  • 再就職しようとする場合絶対に準備しないといけない履歴書などについてです・・

  • 再就職しようとする時に絶対に準備する必要のある履歴書や職務経歴書に関してですが、原則的にはパソコンを使って作成するのが一般的です。現在の日本においては履歴書についてはパソコンによるものではなく自筆で準備するというのが一般常識と思われる面も多々ありますが、それは新卒の就活やアルバイトの際に用意する履歴書であって、実は、転職の際は必ず手書きでないといけないと断言することはできないのです。手書きの履歴書の方を評価する会社もありますけど、そうじゃないケースが徐々に多くなってきていますから、パソコンを用いて作成したものでもよろしい企業はいくつもあるのです。
  • 転職の面接で着用するビジネススーツの色合いに関して・・

  • 転職の面接で着用するビジネススーツの色は、新卒の人たちが就職活動の時に身に付ける色が基本的です。ですので、紺系や黒系といった暗めの色合い、ということになります。再就職の面接においても、着ていくスーツのカラーに関しては黒系や紺系のダークカラーが圧倒的多数であって、そうでない色のスーツの人はほぼいません。あえて言うならば、たまにグレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいで、割合からしても紺や黒のビジネススーツを着用している方が大多数を占めているので、面接を行う人事の方から見ても黒や紺色であるほうが普通であるように感じるので、見た目の印象という面ではそういった色を着用する方が良いわけです。
  • 退職|楽しみながら再就職をすることができれば、精神的な負担も軽減されるの…

  • 楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動と付き合っていけば、精神的にも転職期間中の堕落も回避できます。しかも、メンタルが損なわれていない分、じきに転職先も見つかるはずです。理想的なのは、やはり、休職せずに新しい職場に飛び込むことが大切です。今ある仕事をしながら、次の仕事を見付ける形がベストです。おまけに、隙間をつくらなければ仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そのようにしておけば、仕事をしていない期間はできませんから、将来に響くこともありません。つまり、転職の際に不利になることがないということです。今後を踏まえて、円滑に転職活動を進めていきましょう。
  • もし、現職からの転身を決定したなら、周囲にひそかにその意思を知られないように…

  • 例えば、現職からの転業の思い立ったのなら、会社にはひそかにそれを言わずに、うまく活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、可能な限り周囲に悟られないよう淡々と業務をこなしていくのが利口です。この点を意識しておけば、希望通りに転職先探しに簡単に見つけられなくても、転身を先送りにしつつ、現職を続けても容易にできます。でもついうっかり「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、周りの人は、その言葉に合わせた対応を取るようになります。そして社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲には「あいつは退職する人」という位置づけになります。そのような状況になってから、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、仕事を続けている限りは、身の置き所がない思いををする可能性が高いです。
  • 生涯初の失業保険をもらうケースでは、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が…

  • 初めて失業保険を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が多数派ですが、それは誤りです。実は、失業保険を希望通りにもらい続けるためには、職探しを続けている必要があり、さらに、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。月ごとにハローワーク職員との面談を通じて、職探しに真剣に取り組んでいると信じてもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。また、真剣に仕事を探そうとしていないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さないときは、ルールとして給付をストップされたり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、十分気を付けましょう。
  • 退職|会社の将来性に不安を感じ、転職サイトを活用して自分の能力を思う存分発揮できるような…

  • もしもあなたが、「転職サイト」を使って自身のやりたい分野のある将来性のある仕事を探しているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録手続きを終え、そこで紹介してもらえる求人情報は、誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。なにせ、どう比べても、比べ物にならないほどにかなり質が高いといえます。そればかりでなく、あなたに相応しいものをピックアップし、調査して紹介してくれます。そのおかげで、あなたの理想とするあなたの理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたが自身で行き当たりばったりに探す手間を考えれば、とても効率がいいし、試してみる価値は大いにあります。