退職|派遣の仕事が決まりました。就業初日に派遣会社の営業の担当の方・・

派遣社員として働く会社が決定しました。

  • 派遣として働く会社が決まりました。勤務の初日に派遣会社の営業担当の方と派遣先に近いコンビニエンスストアで合流すると約束をしていたのですが、営業担当者がどういうわけか店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思って店の中に入っていったら、雑誌コーナー前の通路にしゃがみ込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて見ているところを発見!こんな担当の人のお仕事なんて人間として恥ずかしいことだと思って、その場で声をかけることなく気付かれないようにコンビニの外へ出て即座に派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。

  • 退職と転職を繰り返さないための対策が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。今では、ネットがあるので精神面を強くするヒントは直ぐに拾うことができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは違う行動をすることもメンタル面を強くすることが可能です。その最たる例はズバリ「海外旅行」ですね。外国は、文化も言葉も日本のそれとは全く異なるので、どの瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に気づき、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま面接に向かえば、これまでとは格段に違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。でも、退職後はメンタルが弱くなりがちなので、これからのために休みも必要です。

  • 退職|自分のスキルや資格を活かしつつ、転職活動をするつもりな・・

  • 今あるスキルが有利にはたらくように再就職を検討しているなら、比較的、転職がしやすいジャンルとそうでないものを知っておくことは大切です。再就職がしやすい業界としては、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」系が代表的といえます。医療や介護の業種では看護師や介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルが高めの業種ともいえます。今、医療や介護の現場で働いている人が、何かしらの事情によって他の業界に再就職しようと思う場合は、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、人材の流動性は決して高くはないのです。というわけで、安易に考えないことが重要です。異業種への転職される場合は、他の業種では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように気をつけましょう。

  • 今励んでいる転職する活動で「私は今までにこのような価値のあるの…

  • 今がんばっている転職する活動をしているときに、「私はこれまでずっとこのような職場の仕事をがんばってきました」「過去の仕事によって、このような技術を身につけました」とそれまでの自身の実績などを十分にアピールする人は多くいます。しかし、希望するその職場で「可能ならばこういったことをしたい」「私が言ったような内容の仕事なら積極的に参加したい」と未来の姿を通してアピールを狙ったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

  • 就職活動をする場合に注意すべき求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく・・

  • 転職活動をする際に特に注意したほうがよい募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めのものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースがとても多いのです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間や45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、最初から給料に残業代を入れておくというものです。(この仕組みは合法です)もし『みなし残業代25時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料です」という話になります。でも、悪質な求人は、『みなし』を記載していないこともザラですのでよく気を付けてください。

  • 退職|再就職の前に、現在の職場の同僚たちがあなたの退職を知る・・

  • 転職することが、現在の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうとその状況が悪くなる可能性があります。周りとの付き合い方によっては、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。ひどいケースでは、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。そういったトラブルを回避するため、今現在の仕事場では、いたって真面目な態度でいましょう。注意をしておくことで、良い状態を最後まで保ちつつ、会社を辞めることが出来ます。それに、何の問題もなく円満に退職できたなら、退職後であっても、困った際には相談できるチャンスも手に入るはずです。業種などに関係なく、何処の会社も人とのつながりは大事なので、辞める時のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。

  • 転職サイトは、一度登録したら、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。

  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。そのため初めて利用した人は大変びっくりする場合がよくあります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが役割だといえるので、本当に積極的な姿勢でいます。とりわけ大手エージェントは、転職を成功させると企業側からお金が支払われる仕組みといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先させることが多いものです。彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が出たすぐ後に、「入社はどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、安易な妥協をしないように注意しておきましょう。

  • 仕事を変えようとしようとしている時にチェックすることにな…

  • 仕事を変えようと考えている時に目を光らせることになる求人内容に関しては、基準的なものとして掲載されている、という確率も少なくはありません。なので、そこに書かれていることは何もかもが正確なことだとは思わない方が最善でしょう。とりわけ報酬に関しては一般的なのか?それとも最低限の金額なのか?それとも最高値の金額であるのか?というような判断ができない人のほうが多く自らの勝手な判断で解釈してしまうと、今後、嫌な思いをする事いなるかもしれません。なので、後悔しないようにするためにも、求人内容に関しては、おおまかなものだと思って、そのようなたいへん大事な事は会社側に直に問い合わせた方が好ましいです。

  • 以前の求人情報では、性別が記載されているのが一般的でした。

  • 数年前は求人情報に募集要項の中に「性別」まで、はっきりと書かれていました。けれども1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女の求人・採用差別をあってはならない事となり、応募条件のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。そういった変化があるものの、求人情報を出す側は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。実際、本当は男性を必要な案件に女性が応募したり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまい、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。例として、「女性が活躍できる職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、希望しているのは女性だと解釈しておいたほうが良いといえます。

  • 退職|転職活動では、かなり重要なのがまぎれもなく「面接」です。

  • 再就職をする場合、重要視されるのが「面接」です。一般的な面接の際は、面接官が応募者に対して転職の経緯や退職理由などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、面接を終えるあたりで転職希望をする人からの疑問点などを質問できます。担当者から、「何か弊社について疑問や質問などはありますか・・?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた際に気持ちの準備もできていないし、何も聞けなくなったりするものです。後々後悔しないように前もって面接担当者からの質問に際し、聞きたいことを考えておくのもいいかもしれません。具体的に知っているわけではありませんから、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 女性の転職に際して、現在と数年前では多少の、違ってきている点があります。

  • 女性が再就職する際、数年前と現在と若干、変化があるといいます。前までは面接の際に会社側から、結婚観や結婚後の仕事などに関して、ごく一般的なこととして質問していました。でも、近年では、その手の内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かない会社の方が多くなっています。世間に名の知れた大企業ほど、タブーとして神経を尖らせているようです。そうではあるものの、企業側としては、〇か×かの2択ではなく、その女性の姿勢、結婚後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいと思うはずです。自身の人生設計を知っておいてもらうためにも、志望動機・自己PRと混ぜながら言い表すことで、企業側のモヤモヤも解消できると考えられます。ということで、聞かれていないことでも、こちらが先んじて気遣って答えておくとよいでしょう。

  • 転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。

  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。ですが、忙しく仕事を続けながら求人案件を求めて奔走したり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面も消耗が激しいといえるでしょう。さらに転職活動時は、現在の職場の同僚や上司に隠さなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接の連絡が来た後で辞退すると厄介な事態となるかもしれません。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、そうではなく自分で直接、応募した場合でも、応募した会社からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と認識しておくべきです。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年経っ…

  • 派遣社員になっても契約期間を過ぎたら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動したことで実感しました。結婚し、生活が落ちついたら、なるべく早く子供を授かりたかったので、その時が訪れるまでのあいだ、1年半~2年ほど継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員より月収は少なめでしたが、仕方ないので時間的な自由が得られるのでガマンしました。ですが、入社したあと、一緒に働く人たちのほぼ全員10年~15年ほど勤務しているというのです。たとえ派遣社員だからといって、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

  • 退職|今から転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、…

  • 今から転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある方はできれば失業手当をもらうことをおススメします。これはあなたが働いている企業側がきちんと雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。しかし自己都合での退職なら、3か月の待機期間があるのですが、今の会社都合での退職や、残業時間によっては、即、受け取ることが出来たりもします。受け取れる失業手当の金額は仕事を辞めた月の近々の給料を基準に計算するので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 再就職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を差し出されたとしたら…

  • 再就職の面接などにおいて担当者が名刺を渡してきた場合、あなたも同じように名刺を相手に差し出すべきであるのかどうかと対応の仕方に悩んだ場合は、たいがいは渡す必要はないと知っておいてください。転職のための面接というものは仕事内のことではなくて、職を得るための就職活動の一部であるわけですから、ほとんどの場合は名刺をやりとりする時とは違います。そのうえ、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、個人のことでこの場にいるわけです。それゆえ、もしも相手の方から名刺を渡された時でも、こちらに関しては名刺を受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手に渡す必要は少しもないと推測できます。

  • 今、私は派遣会社に登録をしています。

  • 派遣会社に登録して働いています。インターネットサイト内でふと気になる仕事を探して問い合わせをしてみると「その仕事はすでに他の方で話が進んでいます」と言われてしまい一時的にサイト上からも仕事情報が閲覧不能になるのですが、翌日見ると元通りに掲載されています。これって結局私ではよくないのだって意味ですよね。それであるならばカドが立たないようにはっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それともまた客寄せのための偽の仕事なのでしょうか?