退職|派遣会社でのお仕事が決定しました。

派遣での仕事が決定しました。勤務初日に営業の担当の方・・

派遣先が決まりました。勤務初日に営業担当の人と派遣先に近いコンビニエンスストアで待ち合わせをしたら、なぜかコンビニの前にいなかったので店内にいるのかもしれないと思い店の中に入ってみると、担当者はあろうことか雑誌コーナーの前に座り込んでいやらしいグラビアのページを開けてじっど見ていました。こんな人が自分を担当するなんて人間として恥ずかしいことと判断し、そこで声をかけずに気付かれないようにお店の中から出て即座に派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

退職|転職を度々しないための打開策が一つだけあります。

転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。スキルを向上させることもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。今では、ネットがあるので精神面を強くするための自己啓発系の情報は満載になっています。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全く異なる行動でも、精神面を強化することが可能です。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。海外旅行に行くと、日本との違いがたくさんあったりと、どの瞬間も勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。帰国すると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま、面接に臨めば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただ、退職して間もない頃はメンタルが弱気になりやすいので、これからのために休業期間も必要です。

今ある自分のスキルをふまえて転職活動したいと思っているな・・

今ある自分のスキルを活用しながら再就職を検討しているなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておいてください。転職しやすい業界は、働き手がいないと問題となっている「医療・介護」が、おなじみですね。看護師や介護士は「資格」が必須で、ハードルの高いジャンルといえます。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、何かしらの理由によって異業種に再就職したいと考えているのなら、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですから、安易に考えないことが重要です。再就職を希望するなら、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。

退職|がんばっている転職活動をしているときに、「今まで、こうい…

今やっている転職活動で「経験としてこのような仕事に尽力しました」「仕事の中でこのような技術に磨きを掛けました」と自分自身の成功体験などを強くアピールする人はとても多いです。ですが、希望する再スタートを図る場所で「可能ならこういった仕事をしたい」「私が申したような事なら貢献できるに違いない」と未来の姿を通してアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

就職するため仕事探しをする際に注意して欲しい求人情報は・・

就職活動するときに注意すべき募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、拘束時間が長めであるというものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』を含んで計算していることが多々見受けられるます。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間や45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので事前に給料に残業代を組み込んで計算しておく、といったシステムです。(注・違法ではありません)もしも『みなし残業代45時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料がもらえます」という意味になるわけです。ただし、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』という言葉がない可能性もあるので気をつけておきましょう。

もし転職することを、今勤めている会社の人たちがそのことを知ってしまう…

もし転職することが、今働いている会社の人たちがあなたの退職を知ると職場の状況が一変するおそれがあります。働く環境次第では、妬みなどから意地悪されることもあります。また、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、軽々しく転職のことを口にするのはお勧めしません。上記のようなトラブルを回避するためにも、現在の職場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすれば、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を去ることが出来ます。さらには、円満退職となったなら、転職後も、相談できる機会も出来ます。規模などに関係なく、どういった会社であっても、人とのつながりはとても大切なので、会社を辞める際のトラブルは、できるだけ回避してください。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話・メールがしつこく掛かってきます。

転職エージェントに一旦登録すると、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。このことに対して何も知らずに利用しはじめた人は大変驚く場合が多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが目的とされるので、かなり積極的な姿勢でいます。その中でも大手エージェントは、転職を成就させることで企業から報酬を受け取るシステムであることから、転職したい人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多々あります。さらに、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が取れるとすかさず、入社するよう後押ししてくることが少なくありません。防御策として自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職しないように気をつけておきましょう。

退職|転職をする時に気にかける募集事項の情報というのは、一般的なものと・・

転職をする際に注意を向ける募集内容は参考程度に掲載されていることもあります。ですから、そこに載っている情報はすべて正しいものだと安易に信じないほうが最善でしょう。特に生活に大きくかかわってくる給料面においては、社員を平均した額なのか?最低金額であるのか?最高額なのか?というジャッジができる人は少なく、自分勝手にわかったつもりでいると、後悔することになる確率もあり得ます。それゆえ、そうならないためにも、募集要項は、おおまかなものだと思って、そういったとても大切な事は会社側に直に問い合わせるのが好ましいでしょう。

退職|数年前は求人情報に募集要項の中に「性別」について、当たり前のように書かれていました。

何年か前までの求人誌には、雇用主が求める人材の「性別」までハッキリと記載されていました。しかし今では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女差別が採用時にあってはならないルールができて、応募条件のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。けれど、求人情報を出す企業は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。実際問題、男手を必要な案件に女性の応募が殺到したり、女手が必要なのに男性が来てしまったり、といったトラブルも他人事ではありません。求人で女性活躍等と紹介されていたら、女性の働き手を希望しているのだと解釈しておいたほうが確実です。

再就職する際、重要視されるのが「面接」というものです。

転職する際、重視されるのが間違いなく「面接」である。ふつうの面接では面接担当者が応募者に対して、転職事由や仕事の意気込みなどいろんな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接の終了間際に次は、面接希望者側からの聞いておきたかったことなどを質問できます。面接官から、「弊社について何か質問はありますか?」と尋ねてくれるわけです。こういったときは、緊張して質問を遠慮してしまうかもしれませんね。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接の前には会社や仕事に対しての疑問点などの聞きたいことをいくつか考えておくのもいいかもしれません。冷静になれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。

女性が再就職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近と…

女性が再就職する際、今現在と一昔前では少なからず、違ってきている点があります。前までは面接の場で会社側から、結婚の予定や結婚後の仕事に関して、一般的なこととして質問していました。でも、今現在は結婚などについては、セクハラと企業側が捉え、質問をしない企業が一般化しつつあります。そしてまた、名の知れた大企業ほど、この手の質問に神経質になっています。とはいえ実際、企業側は、〇か×といった形ではなく、その女性の姿勢、結婚した後は退職するのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思っている事でしょう。自分自身の人生設計を知ってもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと並行して言い表すことで、会社側にも認識してもらえ、安心してもらえると思うわけです。たとえ、聞かれてない箇所についても、こちらが先んじて会社にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いです。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動を現職と同時進行させる人が多いです。でも、仕事を続けながら求人情報をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に行くのは心身ともにハードといえるでしょう。今の会社の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、もしも、書類選考をパスし、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを介していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、それとは異なり自分で直接、応募した場合でも、相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。自分の貴重な時間を浪費することになるので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを意識しておきましょう。

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと…

派遣社員であったとしても、自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職活動を通じて実感しました。結婚し、生活が落ちついたら、すぐにでも子供が欲しかったので、その時が訪れるまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい現在の職場でそのまま仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、正社員より報酬は少なめでしたが、仕方なく時間的な自由を得たかったので、あえて選択しました。ところが、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちは大半が派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。結論として派遣であっても期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

退職|今から転職される人で次の仕事をする前にまだ期間があるのなら・・

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をする前に期間があるのなら、ぜひ「失業手当」をもらっておきましょう。これはあなたが勤めている会社側できちんと「雇用保険」を払っていた場合は、必ずだれでももらえます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、状況によっては会社都合の退職、残業時間の内容次第ですぐにもらえる場合もあります。なお、支給される「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の給料を基に支給する額を計算するので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

退職|転職における面接などに関してもし名刺を渡された時、こちら側も名刺を相手…

再就職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を手渡されとしたら、あなたも同じように相手の方に名刺を差し出すべきであるのか?と迷ったら、普通一般的には渡すことはないと理解しておいてください。転職のための面接というのは仕事の一環ではなく、就職活動内のことになるので、大方は名刺をやりとりする時とは違います。かつ、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。それゆえに、もし相手側から名刺を渡されても、こちら側は名刺を受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手側に渡す義務はないと言えます。

今、私は派遣会社に登録をしています。

今、私は派遣の会社に登録をしています。インターネットサイトの中で条件のよい仕事を見つけ出し応募しようとしたところ「その仕事はもう別の方が採用されました」とお断りされてしまい一瞬ウェブサイト上からお仕事の情報がなくなるのですが、その翌日に閲覧すれば消えたはずの情報が掲載されています。これって結局私だとよくないのっていうことですよね。そういうことならば最初からトラブルにならない程度に正直に言ってくれればありがたいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。あるいはまたもしかして偽のお仕事なのでしょうか?