退職|派遣社員としてある会社で働くことになりました。

派遣社員として働く会社が決定しました。

  • 派遣会社での仕事が決まりました。仕事の最初の日に営業の担当の人と会社の近くのコンビニエンスストアで落ち合う予定だったのですが、営業担当者がどうしたことか約束のお店の前にいないので中にいるのかもしれないと考え店内に入っていったら、担当者はこともあろうに雑誌コーナーのところで座りアダルト雑誌のグラビアページを開けて見ているではないですか。自分の担当者がここまで酷いのはまっぴらごめんと考えて、声をかけることもなくこっそりと店を出て直ちに派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。
  • 退職|退職と転職を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

  • 転社を度々しないためにすることはただ一つです。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。ネット社会の今ではメンタル面を強くする自己啓発系の情報は容易に拾えます。さらに、転職とは全く異なる行動でも、メンタル面を強化することが可能です。それは、ズバリ海外に行くことです。海外旅行に行くと、日本では考えられないような習慣があったりと、逐一、勉強になります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。日本に戻ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、今までの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはずです。ただし、退職してすぐは、精神面がもろくなっている人も多いのでよく休むようにしましょう。
  • 今ある自分のスキルや資格が有利にはたらくように転職活…

  • 今の自分のスキルが有利にはたらくように就職活動を考える場合に、比較的、再就職しやすい業種としづらい業種を理解しておきましょう。転職が容易な業界としては、たえず人材が不足している医療や介護系の仕事がその最たる例です。看護師、介護士の「資格」が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、何かしらの事情によって異業種へ転職したいと思っているのなら、すこし踏みとどまった方が良いです。他の業界では人材の流動性はかなり低くなります。したがって、容易に考えないことが大切です。再就職を希望するなら、他の業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと理解しておきましょう。
  • 今がんばっている転職活動中に、「私は経験としてこういった内…

  • 今励んでいる転職活動中に、「私は経験としてこのような仕事をしました」「仕事の中でこのような技術を身につけました」と過去の自身の経歴を強めにアピールする人はしばしば目にします。ですが、転職希望する新たな会社で「可能ならこういうような仕事をしたい」「斯くの如き内容ならぜひ貢献できるに違いない」と未来の展望を話して自分自身をアピールする方が過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 退職|転職活動をする際に気を付けるすべき求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く…

  • 転職活動をするときに特に注意したほうがよい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、拘束される時間が長めであるというものです。このような求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがとても多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間、45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料形態に残業代を入れておくというものです。(この仕組みは違法ではありません)例えば『みなし残業代30時間込』と記載されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という意味になります。けれども、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してない場合もあるので、気を付けてください。
  • もしも転職前、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ると…

  • もしも転職前、今の会社の人たちがあなたの退職を知ると職場の雰囲気が一変するかもしれません。周りとの付き合い方によっては、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。酷い場合には、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、うかつに転職のことを周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを回避するために、今所属している職場では、真面目に振る舞いましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を辞めることが出来ます。また、円満に退職できたなら、退職後も、相談にのってもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。どのような会社も繋がりなので、辞める前のトラブルには警戒しておきたいものです。
  • 退職|転職エージェントに一旦登録すれば、執拗に電話やメールをしてきます。

  • 転職サイトに一度登録すると、何度も電話やメールをしてきます。これについて初めて利用する人は結構驚くケースが多々あります。転職エージェントは転職させることが役割だといえるので、本当に積極的にかまえています。中でも大手のエージェントは転職させると企業側からお金が支払われる仕組みであるといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れると間髪入れずに、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職しないように注意することが重要です。
  • 転職を考えている際に見ることになる求人情報に関して…

  • 転職をする際にチェックすることになる募集事項に関しては、基準的なものとして掲載されている、という可能性もあり得ます。そのため、記載されている情報は何もかもが正しい情報だとは安易に信頼するのはやめておいたほうが最適でしょう。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与においては全社員を平均した値なのか?最低限なのか?一番高い給料なのか?といった評価ができない場合が多く、自分で適当に決め込んでしまうと、後から悔しい思いをする可能性も少なくなりません。という事で、嫌な思いをしないために、募集事項については、だいたいのものだと考えて、そういったようなたいへん大事な事は会社に直に連絡を取ってみた方がベストでしょう。
  • 以前は求人情報では、募集要項の中に「性別」について、…

  • 何年か前までは求人情報では、雇用側が求める人材の「性別」が書かれていました。しかし今では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女の求人や、採用での差別をしてはならないルールができて、求人情報に男女の性別を記載しないようになりました。しかし求人を出す側としては、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。そのため、実際は男性が希望の業種に女性が応募したり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といったようなトラブルが少なくありません。もし、「女性が活躍している仕事場です」といった内容なら、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識したほうがトラブルを避けられます。
  • 転職活動では、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

  • 転職する際、とても重要となるのが「面接」というものです。大半、面接の際は面接官が応募者に対し、転職理由や退職理由などいろんなことを尋ねられると思います。面白いことに面接の終わり頃になりますと、次は、面接係員が転職者である面接者にたいして疑問点などを質問できるわけです。面接担当者から「何か弊社について質問はありますか?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた際に対応できず、アタフタしてしまうかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接の前に面接官からの問いに対し、聞きたいことを用意しておいた方が良いかもしれません。実際に仕事を始める前の段階であっても、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 退職|女性の再就職に際して、今と数年前では若干、状況が変わりつつあります。

  • 女性が転職する場合、一昔前と今日とでは少なからず、違いがあるようです。過去には面接の際に会社側から、結婚と出産についての考え方など、ごく普通に女性に質問していたのですが、今の社会では、その手のデリケートな内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問を避ける企業が増えています。そして、世間に名の知れた大企業ほど、NG質問として神経質になっています。けれど、企業側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の姿勢、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な予定を知っておきたいとは思っているはずです。自身の価値観をわかっておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と混ぜながら話すことで相手側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思うのです。たとえ、質問されてない箇所についても、先にあなたの方から気を遣って答えておくのが良いです。
  • 退職|転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行している人は少なくありません。しかしながら、仕事をしつつ求人情報を探しながら応募したり、面接に行くのはスケジュール調整も含めて苦しいものがあります。また、転職活動時は、現職の同僚・上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、仮に、書類選考をパスし、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを通して応募している場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、直接応募していたとしても、相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにしても自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しておきましょう。
  • 派遣社員だからといって契約期間を過ぎたら任意のタイミングで退職できるわけではないと、…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年ごとに自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと転職活動を通じて学びました。私は新婚した後、生活が落ちついたら早く子供を持ちたかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員であったために、正規よりも収入は少なめでしたが、それでも家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。ところが、入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんどの人が10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣を選択しても、すぐに辞められる雰囲気などなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。
  • 退職|今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は・・

  • 今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、可能ならば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。現在の会社側が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、働いている企業の都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐに受け取れることもあります。このときの、「失業手当」の金額は、仕事を辞めた月の近々の給料を基に失業手当の金額を割り出されるので「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。
  • 転職における面接などに関して担当者に名刺を渡された場合、…

  • 再就職の面接などにおいて名刺を渡された時、同じように自分も名刺を差し出す方が良いのか?とどちらが正解かわからない場合一般的には渡す必要はないと覚えておいてください。面接とは仕事内ではなくて、職を得るための就職活動の一部であるわけですから、普通に考えれば名刺をやりとりする場とは違います。かつ、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなたのことでそこにいるわけです。したがって、もし相手から名刺を差し出されても、あなた自身は、ただもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手にあげる必要は少しもないと思います。
  • 今、私は派遣会社を通じて働いています。

  • 派遣の会社に登録しています。サイト上でなんとなく気になる仕事を見つけて応募しようとすると「そのお仕事はすでに別の方に決まりました」とお断りされ一時的にサイトからも仕事の情報が見えなくなるのですが、なぜか翌日見ると再掲載されています。それって結局私だとダメってことですよね。そういうことであれば初めからカドが立たないくらいではっきりと言ってくれるといいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それともまたもしかすると存在しない架空の仕事なのでしょうか?