退職|知っている人からの紹介を通じて転職先を見つける人もいます。

友人による紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。

  • 知人による紹介で転職先を探すこともあるでしょう。そうはいってもそこでの労働環境や、その他の労働条件といった部分について友人からの口コミだけを鵜呑みに判断するのは後々問題になるおそれがあります。というのはそういう口コミ情報というものは客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。それ故に知人にとって、かなり良い職場だとしても、自分の価値観に照らし合わせたときには、まったくそう思えない可能性があります。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけで判断せず、しっかり自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 退職|転職活動で「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。

  • 転職のための活動を行っていて面接時に必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。このうち志望動機については、率直に話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由についてそのまま伝えるのはよくありません。たとえば待遇に納得できないことや、上司とそりが合わないことなど、そういった話をしても、あなたの印象は良くはなりません。過去のトラブルを開けっぴろげに話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。それにプラスして、「入社したなら、〇〇を目指したいです」、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、うまく話をすり替えましょう。

  • 退職|今現在のあなたの勤め先や仕事の中身について不満に感じていることの中・・

  • 今のあなたの仕事や勤め先に関して、不満の中に、「自分のスキルや、仕事上での能力を正確に評価してもらえない」だから、「月給は増えず、将来的な昇格も期待できない」といった不満が多いように感じられます。ですが、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には本人が自分自身の器量を過大評価してはいないか、再確認しておく必要があります。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、中々就職先が決まらないおそれがあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。ですから転職活動で良い成果をあげるためにも、あなた自身のスキルや能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。

  • 退職|きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしているという証明が必要となります。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。けれども、実際は「今まで忙しすぎたので、しばらくはゆっくりしたい」と思うのが正直なところでしょう。ということで、ちゃんと就職活動しているように、見せる方法があるので紹介します。毎月の「ハローワーク」での面談は当然ながら必要として、求人票の閲覧は必ず行ってください。実際には探す気持ちが出ないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談のときに、「自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことにありませんでした」と告げて次の機会を探すという手もあります。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は不可欠です。

  • 再就職する場合、それなりの準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、目に見える「服装」は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。しかしながら、ここ最近の、採用面接に関しては形式ばらない服装がOKなところも多いので、ビジネススーツで決めて赴く必要がないケースもあります。とくに会社の創設間もない会社などは、お堅いルールもないことが多く、私服の方が印象が良くなります。さらに、正装でないので、ざっくばらんに会話できるメリットも。さらに私服だと、面接の際に、洋服の事で話題が広がることがありますから、もしかしたらポイントが残るでしょう。ですので、今から転職は企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

  • 再就職する際に行われる面接のときにする腕時計について申し上げます・・

  • 転職をする際の面接のときにつける腕時計のことなのですが、目を惹くようなタイプの腕時計はやめた方が最善といえます。目立つ腕時計とは高そうなデザインだったり、といった意味合いだけではなくそれとは真逆で安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういった目を惹くということで真反対なことで目立つ、ということで覚えておいてください。転職の面接の際の腕時計はポジションとしてはネクタイやスーツと同様の考えで、面接にふさわしい無難なものを選んだ方が確実です。ですが、歳にあった腕時計であるということも必要な条件であり、新卒の時にしていた腕時計よりはほんのわずかであっても値段が高いものにした方が間違いないということは断言できます。

  • 退職|派遣会社に登録して仕事をする人が近頃増える傾向にあります。

  • 派遣会社に登録した上で働く人が最近では増えています。派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちどれだけが自分の報酬になるのかを面接時に質問しておきましょう。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を徴収していくシステムなのですが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、情報開示をしてくれない業者も多く、ひどいケースでは、2割しか労働者に還元しないということも決して少ないとはいえません。面接時、誠実に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を隠す傾向が強いので、可能な限り異なる派遣業者で登録されることをおすすめします。

  • 将来転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは業種…

  • 将来的に転職活動をされるなら、気になった求人(業界)があれば、必ず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索してみましょう。求人票や転職サイトの担当者から入ってくる言葉からは、まずその業界のマイナス面について知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、ネット検索によってカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そういった検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、直後に入ったことを後悔してしまうかもしれません。その求人が出ている理由が「内容がきつく、人がなかなか定着してくれない」といったケースが多くを占めるため、目に留まった案件・業種については、きちんとチェックした上で応募しましょう。

  • 再就職のときに行われる面接というのは、規模の小さい企業クラスの…

  • 再就職をする時に受ける面接では、中堅企業クラスの場合、その社内の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては違うこともあります。具体的には、これから仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、という具合に課長や部長などの管理職が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。中でも営業や事務に再就職する場合は資格のみでは具体的なイメージはありませんので、きちっと自分自身をアピールしていくことがとても大事です。担当者から「この候補者はしっかり自己主張できるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。

  • 退職|『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が本当に強いものであるなら・・

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人でその意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。なぜならばここでは曖昧な表現をすると状況によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたいということをはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、数ヶ月延びて退職が認められたのは同年の11月です。本音は年度末を区切りにしたかったのに、希望通りには進みませんでした。やっぱり企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと前の会社に対しての困ってしまいました。

  • その昔は看護婦と呼んでいた看護師というのは職業と…

  • 看護婦と言った看護師は仕事としてやっぱり女性比率がたいへん高い職です。ご存知のように気力あるいは体力ともに大きく消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜん職場の対人関係がうまくいかなかったり、自分の結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい仕事でもあります。実際、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多いのが現状です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、人材不足な状態に困っています。なので、各病院は、看護師が足りない「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たない要因になっているのでしょう。

  • この頃スマートフォンで調べればネットで見られる世界…

  • 最近はPCやスマホを使えばわかるけどインターネット上では、「転職に役に立つサイト」に類するものがそこらじゅうにあったりします。自分が求めている転職先というのを見つけたいなら、なんといっても情報が大事ですから収集をしましょう。「転職サイト」をしっかり利用することで満足度の高い転職先を探せます。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む優良なサイトがある一方で、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、本当に信用していいサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

  • 近頃、株式・不動産投資の不労所得を得たり、個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。

  • 現在は、株・不動産投資などといった不労所得、あるいは起業を目指す人も増えています。そのような変化もあり、「会社の下で働く以外は怖い」といった常識も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、自営業や株式よりも組織の一員として働くほうが賢明でした。人生の正しい道として、一般の人々に認識されてはいました。そんな成長期は終わり、今は、「成熟期」という名がいうらしいです。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。

  • 20代に転職を2回経験し、現在は資格をゲットする…

  • 私はこれまでに20代で転職を2回した為、そして今、資格を取るべく「派遣社員」を選択しました。常勤の勤務でないため、どうしても毎月の収入が少なくなってしまいました。前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。たまに、もっと学生のときに資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。また、実際、そういった成功例を間近に見てしまうと羨ましく思います。これまで私は、うまくいってる人と自分とを比較して、気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし現在は、結婚を契機に過去と比べ生活環境が大きく変わり、前よりもそのなかで将来の進路も定まったので毎日が充実しています。

  • 政治によって変化の兆しが出始めている転職事情です…

  • 最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。現在の安倍政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀による「金融政策」と相まって、財界や企業間においても今までとは異なった社会的な変化が増えつつあります。そういった変化を受けたことで、企業伸長とともに今度は労働人口の減少による「人材不足」が社会的な問題として取り上げられています。将来的に「外国人の労働者」の総数を現状よりも増やしていく、と現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした変化によって国内の雇用や転職事情にも、大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

  • 転職活動中は、ついつい時間がある分、気が緩んでしまい・・

  • 転職活動中は、無意識のうちに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、ダラダラと過ごしてしまいがちです。でも、そんな生活に慣れてしまうのは危険です。というのは、だらだらと過ごす生活が普通になると肉体的にだけでなく、「心」も不健全な状態になるからです。やがて、仕事をしようとする気力がなくなり、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そうして、負のサイクルができてしまい、次の仕事が決められません。転職先をハッキリ決められないのは、給料を第一に考えてしまうからです。給料を一番に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活を始める為にダラけた姿勢は、しないように気を引き締めましょう。