退職|自分の大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は要注意です。

退職|自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意した方が良いです。

自分の大好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意です。これは、私が体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが趣味でそれが理由で、以前は、飲食の世界に勤めていたことがあります。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、不満もなく楽しんでいたのですが、人間関係のいざこざに疲れてしまいました。そのことが引き金になって、職場を離れることにしたのですが、その影響からか、大好きだった食べること、そしてその店で提供されていた食べ物さえも嫌いになってしまい、その系列の飲食店には今も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めたばかりの頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと思い、実現できるのは本当に素敵なことだとは思います。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、真剣に自分自身に尋ねる必要がありそうです。

これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

「シフト制」がある仕事についての話です。決まった曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見ますが、休む手順やシフトの出し方については確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は以前産休で休む人の代理として正社員として入社したのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。産休に入った前任の方が土日は必ず出勤していたので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。なので「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更の必要があり上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と自ら交渉しないといけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返すと「本当によく耐えたな」と。

転職先を探す際、仕事におけるやりがいアップと共に加…

転職先を探すとき、仕事におけるやりがいアップも重要だけどそれだけでなく給料が増えることも大きなポイントですから「年収サイト」に登録をしていろいろと調べています。全く同じ会社でその上全く同じ職種、社歴であるにも関わらず人によってかなりの違いがある場合も複数あり、ぶっちゃけた話面接の時質問したことがあります。面接官も同じサイトをチェックしていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた側も誰なのかそこそこ察しがついているのですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。

大規模な転職エージェントは、様々な案件を扱っているという長所がありますが、…

転職エージェントは大規模であるほど、多種多様な案件を持っているという長所があるといえますが、それと同時に転職希望のライバルも多くなる、というデメリットも存在します。それがためにあなたが気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントのスタッフ側が不可能だと判断すると応募してもらえない可能性もありますし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいれば、その人を優先して売り込もうとするのです。大規模なエージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っており大変難しいので、発想を変更して中小クラスのエージェントに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できませんか?と相談してみると、転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。

知人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。

友人の紹介で転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。しかし、転職した先の労働環境、また労働時間などの大切な部分を友人からの口コミを判断するのは後悔するかもしれません。というのは個人の口コミは性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。それ故に友人・知人にしたら良い職場だとしても、あなたの主観で見た場合、ストレスフルな可能性があります。でもその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミを過剰に信用しないように、しっかり自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。

転職活動をしていれば、面接において例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていると、面接において「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。志望動機は、そのままお話しすればよいのですが、これと違って転職理由についてストレートに話すのは問題です。転職理由でよくある給与に関する不満、上司とそりが合わないことなど、面接担当者によいイメージを与えるものではありません。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。それにプラスして、この企業に入ってこんな貢献をしたい、3年後にはこうなっていたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で巧妙に話をすり替えましょう。

現在のあなたの職場や業務に対する何かしらの不満点があるはずです。

現在のあなたの職場や業務について不満に思っていることの中に、「自身の持っている能力(スキル)を正当に評価されていない」よって、「月給は増えず、出世も出来ない」といった不満が多くを占めるでしょう。ですが、気持ちは分かりますが、そういった不満を持った人のなかには本人が自分自身の技量を実際よりも過大評価していることもあります。そんな人が転職しようとすると、「自分を生かせる求人がない」と転職がうまくいかないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。そういうわけで転職活動に当たっては自身の能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。

実際に失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」していることを証明しなくてはいけません。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、職探しをしているという証明が必要となります。しかしながら、「会社を辞め少しの間でも働かずにゆっくりしたい」と思う人が多いはずです。しっかり働き先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月一回のハローワークスタッフとの面談は当然になりますが、その場にて、「求人票」を確認することを必ず行わなければいけません。真摯に探す気持ちがないときは、「求人票」にだけ目を通し、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が見つけられませんでした」と相手に報告し、次の機会に賭けましょう。

再就職にあたってそれなりの準備は不可欠です。

転職活動をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に見える服装は重要だと感じてしまいます。ところが、ここ数年の、面接に関しては、私服が多い企業があるので、スーツで行く必要はありません。とくに会社の創立して間もない会社などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接の場に行ったほうが、良いイメージを持ってもらえます。加えて、ざっくばらんに会話が出来るのも魅力です。さらに私服だと、面接の際に、洋服について、話題が広がることがあるので、もしかしたら面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、今から転職にトライするなら「創立した年」を確認し、(ベンチャー系の)面接の際は私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

転職する際に行われる面接のときにつける腕時計について・・

再就職をする際の面接で使う腕時計ですが、明らかに目立つようなタイプのものは着用しないほうが安全といえます。目立つ腕時計と言うのは高そうなデザインをしているとか、反対に安物に見えてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって真逆の意味で目立つ、ということで頭に入れておいてください。面接の際にするべき腕時計においてはポジション的にはネクタイやスーツと同様にとらえ面接するにふさわしい堅実なものを身に付けるほうがベストです。とはいえ、自分の年齢に見合ったものであるということも重要で、新卒の面接で着けていたものよりはほんのちょっとでも値が張るものにした方が好ましいと断言できます。

退職|派遣社員として仕事をする人が一昔前の規制緩和以降、増えています。

派遣会社に登録した上で働く人が近頃多くなってきています。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどれだけが自分の報酬になるのかを面接のときに質問しておいた方がいいでしょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収するシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがほとんどです。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされない派遣会社も少なくなく、悪質な業者の場合、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないこともあるのです。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、できる限り違う派遣業者で登録されることを推奨します。

退職|今後転職活動をするという時は、気になった求人(もしくは業…

転職活動のとき、気になる求人(または業界)を見つけた際には100%「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントからはまずその業界に関するマイナスにあたる箇所は、教えてもらうことは不可能です。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、インターネット検索を通じてカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そういう面を知らずに会社に入ると、あとでガッカリしてしまうおそれがあります。だいたい求人が出されていた理由が「仕事がキツイからすぐに人が辞めてしまう」というケースがかなり多くあります。気になった案件について、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。

再就職の際の採用面接では、零細企業クラスの場合おおよそ「人事」が面接官となりますが、…

転職の際の面接では、小規模業者だったら概ねは人事担当者ですが、場合によっては違うこともあるようです。実際、今後仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、簡単に言えば部長や課長などが面接の場にいることも珍しくありません。中でも事務職や営業職といった部署に転職するのなら、資格などという判断がしづらいですから、自信を持ち自分自身を売り込んでいくことがとても必要であり大事なことです。面接官から「この男、なかなか言うし、頼りになりそうだ」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

『今すぐ転職したい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、退職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。ここでは曖昧な表現をすると場合によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、スンナリと受理されずになんと半年以上にわたり辞められませんでした。辞職することをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあってなぜか退職が認められたのは同年の11月です。本音を言うと、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、かなり前の職場に対して失望しました。

その昔は看護婦と呼んでいた看護師という職業は、歴史的背景か・・

昔は看護婦と言われていた看護師というのは職業として女性の割合がとても大きい職です。それだけでなく、気力それから体力の大きく消耗が激しい傾向にあります。であるがゆえに、職場での人間関係で行き詰まったり、自身の結婚・出産といった仕事と私生活のバランスが難しい職業ともいえます。実際、そういった問題によって転職する人が多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっています。最近は特に、それぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」な状態で、それが転職希望が後を絶たない状況となっています。

退職|今ではパソコンやスマホを見ればインターネットで見られる世界で・・

最近スマートフォンで調べればネット上には、要するに転職に関連するサイトが多くて困るくらいあります。サイトから自身の目的にあった転職先というのを探すためにも、なんといっても情報収集をする必要があります。「転職サイト」を上手く活用することで、効率的な転職が実現します。転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら確かめてみましょう。