退職|転職における面接にある会社に向かいました。

退職|転職時の面接に転職希望の会社へ伺いました。

  • 転職における採用面接に転職したい会社へ行ったときのことです。その日に限って社内の会議室や応接室が空きがないとのことで外の場所で採用担当の人と待ち合わせて面接をして、その場で解散、面接担当者も会社に寄ることなく自宅直帰されるとのことだったのですが、偶然にも下りる駅が私と一緒だったのです。そのため電車の中でもずっとおしゃべりしながらいっしょに帰ることとなって、すっかり緊張がなくなって面接の時よりも込み入った話ができて、それが原因か何の問題もなく採用を勝ち取りました。
  • 退職|転業を近いうちにするつもりなら、こまめにたくさんの会社の採用情報の詳細…

  • 転職を念頭に置いているなら労を惜しまずに色々な企業の募集案内をチェックしておくと転職先の選択をするときに役立ちます。あなたが今の職場になにか納得のいかない部分がある場合、転職活動を開始したとき、どこの企業もいいように思えてしまします。そうなったら、どこに決めればいいのか、迷ってしまい、判断を間違えてしまいかねません。結果、早々に退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。転職したい会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も気にしておきましょう。透明性ある良い企業は、取引している会社を公開していますし、そうでは無い会社は宣伝に力を入れる傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。そのうえ、会社によって個人グループに入っていたりもするので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。
  • とある古物商の会社で、書類選考をクリアしました。2、3日し…

  • とある古物商の会社で、書類選考をクリアして担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。しかし、当日、時間通りに指定場所に向かうと、行き違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。しばらく待つと、所長らしき人が面接に応じてくれたものの、始終呆れるほどやる気のなさそうな態度を見せて、ひとまず面接を終えました。ですが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、気になったので、私の側から問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。再度問い合わせてみた結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用です」、とそう言われてすぐ、電話を切られました。あまりの対応に呆れて言葉を失いましたが、とりあえず採用されなくて良かったと感謝しています。
  • 退職|転職を行うとき、事前に公式ホームページ、求人票、パンフレットな…

  • 転職を行うとき、まず第一に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりして興味のある会社を調べると思います。ですが、当該会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。たとえ公表したとしても差しさわりのない表現をします。そのようなコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報はそれを鵜呑みにするのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、期待していたことと全く違うとあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、いろいろと難癖をつけて退社させないように画策しています。その手の「ブラック企業」の求人には充分に注意しましょう。
  • 退職|自分の趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きた…

  • 自分自身の好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きで過去には、飲食店(レストラン)で働いていた時期がありました。そのレストランでの仕事内容は、その飲食店で私が任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。ですが、職場の人間関係で嫌になりました。ということが引き金になり、仕事をやめましたが、その結果、あんなに大好きだった食べることやその飲食店でメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌いになり、似たような飲食店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いた頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいと願うのは本当にステキだと思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり自分に問いただした上で行動するべきです。
  • 「シフト制」のある仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜・・

  • シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの出し方についてはあらかじめチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は以前出産のため休む人の代役として、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトが「土日」固定のシフトで、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任者が土日は必ず出勤できる人だったので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と私が依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。今思えばよく我慢してやってこれたと思います。
  • 退職|転職先を探すとき、もちろんやりがいのある仕事をすることも大事だけど…

  • 転職先を探すとき、むろん仕事におけるやりがいアップも重要だけどさらに賃金が上がることも大切なポイントになるから「年収サイト」というところに登録して事前に研究しています。一緒の会社でしかも全く同一の職種、経歴なのに人によって無視できないほどの幅があることも多数あって、正直なところ面接時に質問したことがあります。面接官も同じサイトをよく見ていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた者について誰なのかそこそこ察しがついてるのですが、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。
  • 大手転職エージェントは多数の案件を扱っているという魅力があるといえますが・・

  • 大手転職エージェントは様々な案件を抱えているそれと同時に転職を希望するライバルも大勢います。あなたが気になる企業を探し出したとしても、担当スタッフが「転職の望みが薄い」と判断すると応募してくれない場合もありますし、企業から見てあなたよりも評価の高い人がいると、そのライバルを優先したりもするのです。要するに大手エージェントの場合は、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており応募することが難しいので、考えを変更して中小規模のエージェントたちに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できないか問い合わせてみると転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。
  • 知っている人からの紹介を通じて転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 知人の紹介をキッカケにして転職の先を探す人もいるでしょう。それはいいけれど転職の先の労働環境やあるいは労働時間などの大切な部分を友人知人からの口コミ情報のみで過剰に信じるとあまり問題になることが多いです。そういうのはそういう口コミ情報というものは客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。要するに紹介した人にしたら居心地の良い職場環境であっても、自身の価値観に照らし合わせたときには、イライラするだけの場合なのかもしれません。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、最後は自身の目で確かめておくことも大切です。
  • 転職のための活動を行っていて面接で例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動で間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、率直に話してもOKですが、これとは異なり転職理由についてそのまま話すのは問題です。転職理由でよくある報酬に対する不満、人間関係に関する問題など、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対抗して現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。加えて、この会社に入社してこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、その希望が叶うのは御社しかありません、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。
  • 今のあなたの勤め先や業務内容について何かしらの不満があるはずです。

  • 今現在の自身の勤め先や仕事に対する不服に思っていることの中に、「自身の持っているスキル・能力が誠実に評価してくれない」そのため、「給与アップも、将来昇格する見込みもない」といった不満を挙げる人がかなりいると思います。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自らの本来の技量を実際よりも「過大評価」している事が少なくないのです。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と転職の空白期間が長くなる可能性が高くなってしまいます。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。なので転職活動を効率的にしていくためにも、自身のスキルや能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。
  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしていることの証明が必要になります・・

  • 失業保険の給付に関して、客観的な意味で、求職活動をしている姿勢を見せる必要があります。ですが、現実は「会社に行く必要もなくなったし、少しの間でものんびりと過ごしたい」のが本音だと思います。ですので、真面目に求職活動をしているように、見せる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのはあたりまえですが、その場にて、「求人票」をチェックすることを必ずやっておきましょう本音では探すモチベーションがわかないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワークスタッフとの面談にて、「納得できる条件の仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が確認できませんでした」と言って、次の機会を探すというやり方もあります。
  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりに準備をしなくてはなりません。

  • 転職活動する場合、相応の準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、身だしなみ、に含まれる服装は気になりますよね。ですが、昨今の、企業面接に関しては形式ばらない服装が多い会社があるので、スーツを着て面接に向かわなくてもいい場合があります。会社の創設してすぐの会社などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接を受けたほうが、印象が良くなります。加えて、フランクに話ができるメリットも。また、私服だと面接時に、ファッションの話もしやすくなります。ですから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ですので、今後、転職にトライするなら設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 退職|転職の面接のときにつける腕時計に関しては、目を惹くような…

  • 転職する時に行われる面接でつける腕時計についてですが、目を惹くような腕時計の着用は避けたほうが悪い印象にはなりません。この場合の目立つ腕時計と言うのは有名ブランドの腕時計であるとか、といった意味合いだけではなく逆にチープな腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう目を惹くということで真逆で目立つのだと捉えておいてください。面接のときにつける腕時計においてもスーツやネクタイのとらえかたと同様に、面接にふさわしい平凡なものを選択した方が賢明だと言えます。けれども、自分の歳にあっているということも肝心であって、新卒の就活の頃に準備した腕時計よりは多少なりとも高いものにした方が間違いないと言えます。
  • 退職|派遣会社を介して働く人が近頃は多くなってきています。

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が近時多くなってきています。もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかを極力面接のときに質問しておいた方がいいでしょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料をもらうシステムになっています。派遣会社の多くは、派遣される労働者の取り分を曖昧にしています。半分以上を派遣労働者に還元している場合は、良いのですが、情報開示をしてくれない業者も多く、悪質な業者の場合、3割だけしか労働者に還元しないことも決して少ないとはいえません。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、違う派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。
  • 転職活動のさなか、良いと思う求人(あるいは職種)を見つけたとき・・

  • 将来的に転職活動をするのなら、良いと思う求人(または業界)があったら、100%「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス面などは教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索でいとも簡単に実態を知ることができます。そうした面を知らずに入社してしまうと、直後に痛い目にあいます。そもそも求人募集が出ている理由が「仕事がキツイから人がすぐに辞めてしまう」という場合が少なくないのです。気になる業種や案件に関しては、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。