退職|転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。担当者から「転職理由は?」と訊かれると思います。このときに、いくらあなたが間違っていなくとも、前の職場の「働く環境」「人づきあい」が良くなかった返答などは、できればしないほうが良いでしょう。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスをダメにしてしまいかねません。面接では「ポジティブ」な返答に徹するのがとても大切です。、あくまで「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、会社にも充分に貢献していこうと思います。」此の様な言い回しが良い結果につながるのです。
  • 新たな勤め先でそれまでに培われてきた実力をフル活用できれ…

  • あたらしい職場で今までのキャリア・スキルを生かせたとしたら、即戦力として周囲から一目置かれ早々に職場にも馴染めるはずです。同時に雇用先も大いに助かると言うものです。時期さえうまくいけば、そんなに難易度は高くありません。しかも、これまでの働いていた職場と同じなら転職すること自体すんなり行くはずです。とは言っても、そこそこスキルがあるといっても大手企業の事務職、公務員は昔と変わらずかなりの難関ですから、楽観視は禁物です。
  • 派遣で働いています。派遣法とかの関係で残念なことに長期間勤務してい…

  • 派遣で勤務しています。派遣法と労働契約法により不本意ですが馴染みのある企業での仕事がもうすぐ終了します。同じ派遣である方の中には、派遣先の会社から正規社員の地位をつかんだ方もいるのですが選ばれた理由としては正直に言うと仕事ぶりというよりは派遣先の上司へのご機嫌取りがうまくてそのおかげで採用されたように思えます。仕事を遂行するスキルよりもおじさん転がしスキルが大切なんじゃないのと選考に漏れた他の派遣の同僚と派遣先の職場で愚痴る毎日です。
  • 在職期間にあるときは、なるべく水面下で(私のときは)…

  • 就労中はできるだけ周囲にバレないよう(私の経験談ですが)在職中に転職の考えを早いタイミングで周りの人に言ってみたことがありました。とはいえ、その顎、求人を必死にあれこれチェックしていったのですが、転職先のあても、転職するタイミングさえも無鉄砲に決まらずやみくもに時間だけが経過してしまいました。その一方、社内では仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、本末転倒な展開を迎えました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験したあとで、次の就業先を探すことになりました。
  • 転職時、インターネットでのエージェントを使うこともあるでしょう…

  • 転職活動をするにあたっては、インターネットでのエージェントを使う手段もありますが、もしあなたがそういったところに登録し、運よく仕事が見つかったとしても、失業保険の給付にはつながらないので気を付けましょう。ハローワーク以外の機関を利用して就業しても給付してもらえないので覚えておきましょう。なお、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらった会社に就職したときは、就業の準備金として「一時金」を受け取れることになります。ウェブ上のエージェントは、私的機関です。ただ彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きは管轄外です。このようなことを知らない場合は、失業中にお金を受け取れなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。
  • 転職を考え始めたときに、まず今勤務している会社を辞職した後…

  • 新しい仕事を探すのに、今の会社を辞職した後で転職しようとする人もいますが、そのような場合ボーナスの支給時期を事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを出す会社はいっぱいあるわけですが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが支給される日まで少ししかないのなら、それを待ってから退職するというやり方もおすすめしたい手口です。ボーナスだとそこそこ大金なので、もらい損ねたら損ということもはっきりと言うことができますから、職場を変えようと思い始めたらボーナスの支給日についてまず確認しておいた方が賢明な方法です。
  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり…

  • 近時は、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、悪質な会社が公開されたりするなど、損をする仕組みができてきましたが、完全には至っていないのが現状です。そのため、面接で見破る必要が出てきます。はじめに、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目ひとつひとつについていろいろと質問をぶつけましょう。「ブラック企業」の場合、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げようとすることが多いです。中でも「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、詳しく聞いていくと、困ったような顔をする場合も多くあります。それでも迫ると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、会社の本当の姿に気づきます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、入社を止めるのが無難でしょう。
  • 昔から日本には”石の上にも3年”というコトワザがあるのです・・

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、その背景を裏付けるかのように「転職」を経験するのが当たり前の世の中になってまいりました。けれども、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような軽率に転職をしようとするのは、今後のためになりません。転職を検討する際は、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。はじめに、今現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について納得できていないと感じることを10個、少なくても最低5個はメモしてみてください。そうしておくと、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、もし決断したら尻込みせず、今より良い仕事ができるように取り組むことが大切です。
  • 転職後は、高い確率で以前の仕事の出来事は美化されます。

  • 職を変えた際には、高確率でそれまでの会社の仕事は多くの記憶は美化されます。そもそも今の待遇に合意できないから、それを解決するためにやっとのことで新たな職に就いたのに、過去を振り返るとなぜか「前職のほうが心地良かった」と感じ始めるのです。もっともなことで以前の職場では日々の日々の仕事の手順に慣れていて、今よりもすんなりと与えられた業務もこなせていたのが、根底にあると思います。ところが、「退職なんてしないほうが良かった」といえるほど、以前の仕事の方が職場環境や全体的な雰囲気が良い可能性もあるはずです。
  • 転職をする時に面接でほぼ確実に尋ねられることが会社を辞め・・

  • 転職をする場合で行くと必ずと言っていいほど質問されるのが前職を辞めた理由についてですが、このような質問に回答する際には話の中心を前職のことにしない方が好ましいです。辞めた経緯を中心に話をすると必ず悪い印象を与える要素を含んだ話の内容になってしまいます。この話の良い進め方は、前の会社を退職したのはこの職場になにがなんでも入りたかった理由があるという感じにしたら良いということで、今面接に来ている会社の方にスポットを当てるべきなのです。転職理由でも、今面接をしている会社のことであればマイナス面を消しプラスの要素を含んだ退職理由に聞こえます。
  • 近頃はネット上の就職斡旋エージェントの中で「ヘッドハンティング会社」も増えています。

  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの請負をビジネスとする会社も増加しています。あなたに特許出願の経験があるなら、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を出した経歴のある人や、メディアで話題になった人など、何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。もしもあなたが、ヘッドハンティングに関する連絡があったときには、そのキッカケを考えてみましょう。稀にヘッドハンティング名目で「登録料」を要求してくる会社があるのですが、そのような会社はむろん嘘ですからきっぱりと断るようにしましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が負担するものではありません。
  • 求人情報をチェックする際、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほ…

  • 求人情報をチェックする場合、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業をスルーしてしまっていますが、そんな人のほとんどは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と誤解しているのです。現に、製造業であっても、現場に出る製造の仕事だけでなく、人事・総務・経理と言ったスタッフや資材・購買や営業管理等の事務系の職も相当数あります。とはいえ、製造業の職場はビジネス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。そうした事には自分のエゴをなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。
  • 派遣で働く会社が決定しました。

  • 派遣のお仕事が決まりました。仕事の1日目に営業の担当者と派遣先の会社近くのコンビニで合流する約束だったのですが、彼がなぜか約束をした店の前にいないので中にいるのではないかと考え店内に入ってみると、担当者はなんとまあ雑誌コーナーの前に座り込んで成人雑誌のグラビアページを開いて読んでいるではないですか。こんな担当の人のお仕事なんて絶対嫌と考えて、そこで声をかけることなくこっそりとコンビニを出て速攻派遣会社に辞退の連絡を入れました。
  • 退職|退職と転職を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。

  • 転職を度々しないためにすることは一つだけです。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を強くする自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動でも、メンタル面は強化できます。その最たる例はズバリ「外国に行くこと」ですね。海外旅行に行くと、言葉も文化も大きく異なるので、どんな瞬間も勉強になります。ですから、帰国後変化があるのです。帰国すると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。でも、退職後しばらくの間は精神的に弱くなりがちなので、その後のために休暇も必要です。
  • 退職|自分のスキルを有効活用しつつ、再就職をしていく場合、…

  • 自分のスキルや資格を有効活用しながら、転職する際は、再就職がしやすい業界と、難しいものを前もって理解しておきましょう。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、慢性的に人手不足である「医療・介護」の分野が代表でしょう。医療・介護の分野では看護師、介護士の「資格」が必須なため、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。今、医療や介護の現場で働いている人が、何かしらの理由によって異業種に転職する事を考える場合、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。というわけで、簡単に考えないことが大切です。再就職を本気で考えるのであれば、他の業界では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。
  • 転職活動をしているときに、「私は振り返るとこういう内容…

  • 今がんばっている転職活動をしているときに、「私は振り返るとこのような内容の仕事を長く続けてきました」「これまでにこういった経験を手に入れました」と過去の自身の成功体験やセールスポイントを強調してアピールしなくちゃと考える人は頻繁に目にします。ですが、志願しその場所で「近い将来こうありたい」「こういった業務なら積極的に貢献できるはず」と未来の話をしてアピールしていくほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。