退職|転職サイトはよく知られたサイトであるほど掲載数も豊富なため…

転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載される案件がたくさんあるため・・

  • 転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される求人情報が多いため、気に入った2~3社を、ともかく転職サイトに登録して、勤務地と年収条件程度の条件一致でさらに条件に合う案件が自動的に通知されるように設定しておくと楽に情報を集めることができます。ですが、初めだけは登録しなくてはならないのでサイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初日は、時間がやや必要ですし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、次回以降応募するときのことを考えれば、初めの準備を抜かりなく行うことを頭に入れておきましょう。

  • 再就職の際の面接での身なりは会社側からクールビズでお越しくださ・・

  • 転職の時に行われる面接時にクールビズでもOKとと事前に連絡が来る場合もありますが、なかには、クールビズで行くのは良くない印象を与えるのではないか?と感じてしまう人もいます。クールビズの悩みを懐に抱え込んでしまっている人たちに申し上げたいのが、会社側からクールビズOKだと言われた面接に関しては言われた内容をそのまま実行したほうが安心できます。色々迷って、夏の暑い時期にしっかりとスーツを着ると相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、クールビズ可と書かれていたらクールビズで大丈夫なのです。

  • 退職|転職の意思があるのなら、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい仕事についてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。特に、初年度はほとんど「研修期間」を含んでいるというのがことが考えられます。自らのケースでは、せっかく手にした仕事なのに、予想と異なり前の会社での年収とあんまり同じ額でした。それに、仕事はきついうえに、かなり責任のあるもので、はじめの1年は、ひどく骨が折れました。そういった経験から、初年度はいわば勉強の期間と割り切って、状況が許す限りやれるだけ転職する以前からお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • かつてかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

  • 転職を考えていた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルに関しても本当に色々あって大抵は物足りなく感じるアドバイザーばかり。こちらは人生がかかっているのにもっと心して向き合ってほしいという想いが膨れ上がりました。その事がきっかけとなって自らキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するためには経済的な負担にもなりました。また資格取得のための勉強面に関してもとてもヘビーでしたが、就職活動中の人たちにあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる人になるために頑張っています。

  • 転職候補に挙がっている会社での会社見学に参加するとすごく勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社で見学などがあれば、かなり勉強になります。とくに、「職人」がいる会社見学は、職人技を近くで見られるので楽しくなります。しかしながら「職人」がいる会社見学では見学者には高確率で、通常通りの仕事現場を見せてくれることはありません。もっとも顕著なのは、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので実際に仕事を始めてみるまでは、実際の姿は伺えないものです。なので、仕事=見学で触れた内容と解釈しないことが良いです。さらに、会社見学時に実際に仕事体験ができる会社はとてもキケンですし、正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでいない人には万が一問題が起きたとしても、保証がないため、進められても角が立たないように断りましょう。

  • 3日ほど前転職先の会社を探すために人材会社に登録に行きました。

  • この前転職先の会社を探すために人材会社へと登録に行きました。そのとき登録カウンセリングをしに出てきた担当の方が見た感じ入社して間もない新入社員で、こちら側が説明していることの3割もその社員は理解できてない感じでした。そのくせ「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと自分の強みを明確化しいていくべきでしょう」とか、専門家のように横柄にのたまうからとても不快でした。カウンセリングを担当する人はある程度仕事を経験している社員にするべきです。

  • 転職活動をする上での最後に残る壁として、今勤めている会社の退職があります。

  • 転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として、現在の会社の退職があげられます。転職先の会社が決まっても、今いる企業があなたを手放したくないとして引き留めるというのも起こりがちなことです。そうなってしまった場合、「何が何でも退職する」という強固な信念を維持することが必要です。引き留められて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をつくります。そして、決定権を持つ上司と談判し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」とハッキリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。

  • 退職|就職活動において、年収は非常に大事な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり大事な要素です。面接において、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうためです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、現在の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんどありえません。たとえば、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが間違いがありません。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職を余儀なくされることを招きかねません。

  • 退職|転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ覚えてほ・・

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意して欲しいことが何点かあります。なんとなく派遣社員の業務については、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの業務内容をなんとなく思った方がおそらく多いとは思います。はじめは私もそう思ってました。現在勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「お願いしたい業務は電話対応になります」と面接で派遣会社の担当者からも聞いていました。しかしいざ入社してみると、「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を任されてしまいました。的確に動けるわけもなく、当初の説明とはかなり違っていたので毎日かなりきついです。今は、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 働くことによって心的にかなり厳しくなり、転職せざるを得ない状況となったなら、…

  • 仕事をするにあたって心的に自分が苦しくなって職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、職場の人と相談するより家族と相談しながら退職するか判断した方が良いです。なぜなら、働くことは当事者であるあなたです。が、しかし家族の問題でもあります。毎月、どんなに高い給料を手にしたからといって、メンタル面が追い込まれるまで仕事をすることは好ましいとは言えません。昨今は、働きやすいことを優先していっても良いはずです。ですから気に病むことなく、あなたの家族や、あなた自らの心身を大切にしていきましょう。

  • 現在の雇用形態が変化したことに関して、若い世代ほど鋭く感じ取っているようです。

  • このようにここ数年の会社や企業の労働背景の激しい変化について、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者たちほど鋭敏に感じ取っているようです。「将来的なキャリアアップ」を見据えようとしているのでしょう。従って、就業者といった層の「流動化」が活性化しているので、より今後、益々若年層以外の層にも転職の関心は高くなるでしょう。この様な情勢の中、労働者の転職は一般的に当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」が機能していた頃には「転職」には良くないイメージがつき転職が思い通りにいかない人も多くあったのです。ですが、社会が変化し現在やっている会社のみに執着する意味も必要性もあまりなくなったように思います。

  • 看護師という職の人のそれと違う職に転職に至る理由は…

  • 看護師という職業の人の違う職に転職に至る原因は、人それぞれではないでしょうか。それを見てみると看護師の転職には「職場環境に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚で家事のことがいろいろとあって出産それに親の介護など、環境の種々の変化など、これまでのようには働き方ができなくなった」「現在の収入面で不満がある」といったような理由が抱えているのかもしれません。しかし、転職を実際に決断するまえに、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、今一度冷静に、再度、現状認識をしてみることも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断すれば間違いが減らせます。

  • 退職|転職先を探している期間中は、趣味に没頭したり、体力を損なわない生活・・

  • 転職期間中には、自分の好きなことに没頭することに加え、体力を損なわない生活を習慣化しておくとベストです。採用が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に没頭していたおかげでいつの間にか集中する力がアップしています。そしてまた、体力アップしているために、その場の社員たちと比較すると疲れにくい身体になっているということを認識することができます。なので、好きなこと趣味に時間を充てることと、体力アップをしておくことをしておくのがベストです。このあと、その会社で同じ趣味を持つ人と巡り会えれば、話題に花が咲きます。ですから、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 今の会社を辞めたいと転職をしようとがんばっている場合…

  • 違った職場につきたいと転職希望者のときの場合には「ほんの少しでもはやく、内定が欲しい」と思ってしまうはずです。でも、その気持ちが強くて採用通知が欲しいばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、またその逆に自分を安売りするような言動は可能な限り止めておきましょう。焦る気持ちをぐっと抑えて、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を賢く選択してみましょう。

  • 求人関連の情報を見てみると、ほとんどの場合、普通の株式会社・・

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、月の給料が記載されているはずです。しかしこの箇所を見る際は、注意して確認する事が欠かせないです。その数値だけで判断しないほうが無難です。というのは案件によっては、月収の額の中身に「毎月20時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代をトータルすることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられます。そのほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性が考えられます。ですから、このような「不誠実」極まりない案件は、注意が必要と言えるかも知れませんね。

  • 退職|新卒で採用された会社で嫌な感じの上司に悩みを抱えて、…

  • 昔務めていた会社でパワハラを行う上司に神経を削られ、最後には耐えることができなくなって退職し、同業者である他の企業へ行くことにしました。転職先の会社では面倒な上司もおらず非常に充実した日々でしたが、ゆっくりと業績が落ち込んで、とうとう経営統合されました。奇遇にもその経営統合先の会社がなんと以前勤務していた会社で、おまけにまったく反りが合わない上司がもう一度私の上司になることに。どれほど縁があるのでしょう。当然新しい転職活動を始めるつもりです。