退職|転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される求人情報が豊富なた・・

「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、…

転職サイトは大きなサイトであるほど掲載される案件の量も多いので、入社したい2つか3つの会社を、とりあえずウェブサイトに登録しておいて、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、次に自動で案件に関する紹介がくるようにしておくと情報収集が容易になります。しかしながら、最初は登録するのに多少労力を要するので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録を行う初日は、少し時間がかかりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、初回の準備を怠らないことを心がけるのが無難です。

退職|転職時の面接での身なりはクールビズでお越しくださいと書いてあるケースもあるようですが・・

転職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズでもOKとと事前に言われる場合もあります。しかし、なかには、クールビズで面接に行くのは本当は失礼なのでは?と疑ってしまうこともあります。クールビズの悩みを抱いている方においては、クールビズでも大丈夫だと言われている面接なら、言われたことを素直に聞き入れるほうが大丈夫です。色々悩みすぎてしまい、暑い季節にスーツをびしっと着用すると不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズで良いと事前に聞かされたのならクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

転職の予定があるのなら、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

職場を変えたいと思っているのなら、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。とりわけ初年度はほぼほぼ「試用期間」を含んでいる企業もケースが少なくありません。自分の場合、苦労の末手にした職場だったものの、予想とは裏腹に以前の職場での年収とあんまり同じということがありました。そればかりか、業務内容もきつく、たいへん責任を伴い初年度を越すのもたいへん骨が折れました。そういった実体験から、転職1年目は、勉強する年と割り切ってしまい、できる限り転職以前に貯蓄しておくことに尽きると思います。

仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

私は以前ずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質においても様々あってその多くは満足できない感じるアドバイザーばかりでした。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと一生懸命に向き合ってほしいという落胆した気持ちが積もって、その事がきっかけで自分自身がキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーの資格を取るためにはお金もいりましたし資格取得のための勉強面に関してもかなり大変でしたが、就活中の人たちから頼みの綱とされるような人になるために努力しています。

転職候補に挙がっている会社での会社見学に参加するとすごく参考になります。

転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあるとかなり勉強になります。とくに、「職人」がいる会社見学は、腕を見るのが楽しみです。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ほぼ見学者には、いつもの現場を見せることがまずありません。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。個人のクセが強い業種であるため、実際に仕事を始めてみるまでは、本来の姿がわかりません。そのため、仕事=見学で知った内容と思わないことがたいへん重要なのです。さらに、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社はとても危険ですから気をつけましょう。雇用契約を結んでない人には何かあっても、保証が無いので、スタッフから勧められてもやんわりと断るほうが良いでしょう。

退職|3日ほど前新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へ登録に向かいました。

一昨日転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に足を運びました。登録するときのカウンセリングに出てきた担当の人がどうも学生と見間違うほどの若い社員で、こちら側が説明している話の50%もその社員はわかってはいない様子です。さらに「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくべきでしょう」等、大上段から横柄にのたまうのでとっても不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはそれなりに仕事の経験がある方にするべきだと思います。

転職活動における最後の難関として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先の企業から採用の内定をもらえたとしても、現在働いている企業が退職を引き留めることも少なくありません。仮にそうなったとしても、「ゼッタイに退職する」という強固な意思を持つことが求められます。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を用意しましょう。そのあとで、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と堂々と伝えます。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動には必要です。

退職|就職活動において、年収を無視することは不可能です。

就職活動において、最大の問題になるのは年収です。大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一時的に信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。現在の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはまずあり得ません。現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円と伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、一時的に入社できたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人・・

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてほしいポイントが何点かあります。派遣業務については、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの仕事をなんとなく想像する人がおそらく多いかと思います。実は私自身もかつてはそう思っていました。今の職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「メインの業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。しかしいざ入社したとたん、なんと辞めた正社員さんの穴埋め業務を指示されました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明とは全く違うので毎日全くわからないような内容でしたので、今はとにかく、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

仕事のせいで回復が難しいほど心的に苦痛を感じてしま・・

働く中で心的なダメージが蓄積され、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談していくより身内に話を聞いてもらい会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。なぜならば、働くことは当事者であるあなたのためでもあります。が、しかし家族の問題ともいえます。どんなに報酬が良いからといって、精神がボロボロになるほど我慢しながら無理しながら仕事をするのは好ましいとは思えません。現代は、経済的なことよりも、働く本人が働きやすいことを大事にしても良いはずです。あなたの身内や、あなた自らの心のケアを忘れないようにしましょう。

退職|このように近年の労働背景が大きく変わったことを、若年…

現在の雇用形態が目まぐるしく変わってきたことに際して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若者たちが特にチェックし、気にかけているようです。今後の転身とキャリアアップを考えているのでしょう。このため、労働者・サラリーマンの「流動化」が活性化しているので、それに応じて将来、世代に関わらず転職の関心度が増加すると予想されます。労働力の「流動化」が背景にあることで、仕事を変えることはあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が普通に機能していた頃には、転職者というと評価が下がるとも言われて転職しようにもうまくいかない人もたくさんありました。社会的な変化とともに現在の会社だけに執着する必要があまり無くなっているように感じます。

看護師でありながらそれと違う職に転職を決断する理由…

看護師という職の人のほかの職に転職を決断する理由は、人それぞれです。どういう理由が多いかというと看護師からの転職には「職場環境に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって出産など、環境のさまざまな変化など、これまでと同じような働き方ができなくなった」「現在の収入に大きな不満を感じている」というような悩みが考えられますね。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決める前に「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、落ちついてじっくりとそして客観的に見つめ直すこともしてみてください。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したうえで決断してみましょう。

転職先を探している期間中は、自分の趣味に時間を使った…

転職期間中には、趣味に時間を費やしたり、体力を損なわない様にすると良いと思います。採用が決まり、いざ仕事復帰した際に、趣味に没頭してたことによって気付かない間に集中する力が養われているのです。また体力アップが図れていることで、その場の社員たちと比較するとスタミナがあるということを認識します。なので、自分の趣味に集中することと、体力を落とさないようにしておいて損することはありません。そして、職場にてあなたと共通の趣味の人と出会えれば、会話も弾むので、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

いい企業に入りたいと転職をする活動をしている中の大半は、…

いい会社につきたいと転職活動をしている中の人とは「1秒でもはやく、内定(採用通知)がものにしたい」と思っているはずです。ですが、採用通知を欲しいばかりに、自分の能力に関して嘘をついたり、その逆で過小評価するかのような行動をするのはぜったいにしないでください。そうではなくて、焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことに専心しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く見極めていきましょう。

退職|求人情報にはたいていの株式会社では月の給料が記載されているはずです。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の職場では月にもらえるお金が明記されています。でもこの月収の項目を確認する時には、注意深く確認する事が必要です。数値だけで判断しないほうが良いです。実は場合によっては、月収の額の中に「毎月30時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代を含めて金額が高く見えるようにしている所があるからです。それ以外にも、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている可能性も考えられたりします。そういうわけで、こうして表記された数字どおりとなる見込みがない会社にはスルーしておくのが無難といえます。

退職|働いていた会社で相性の悪い上司に嫌な目に合わされ、結・・

勤務していた会社で嫌な感じの上司に悩みを持ち、とうとう耐えることができなくなってその会社は辞め、同じ業種の別の企業に変えました。転職先の会社では気分よく勤務することができてきわめて満足のいく日々でしたが、時が経つにつれて会社の財務が悪化し、とある会社に経営統合されることになりました。ところがその経営統合した会社がなんと前に勤務していた会社で、感じの悪かった上司が再び私の上司となることに。本当に縁があります。当たり前ですが新たな転職活動を開始する予定です。