退職|転職時の面接では人事担当から「転職理由は?」という風に…

転職時の面接では人事担当から「転職理由をお聞かせください・・

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。面接担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、100%の確率で聞かれます。そのとき、どのような事情がであれ、前の仕事場での「労働環境」「人づきあい」についての愚痴とも受け止められる返答は、できればしないようにしましょう。なぜなら、此の様な内容の話は、採用の可能性を水の泡にしてしまいかねません。ですから面接時にはポジティブな発言がとても重要です。本当の理由でなくとも、「新しい職場ではこれまでの自分のキャリアをしっかり生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のようなアピールの仕方が大切です。
  • あたらしい職場で過去の資格やキャリアを活かすことができれ…

  • 新しい職場で、今までに身に付けた能力を活かせられれば、即戦力として仕事をすることができ直ぐ仕事場にも馴染めるし、同時に会社側も、スキルを持つ人材は常に欲しがるので、タイミングがうまく合えばそこまで難しいものではありません。しかも、今までの仕事内容と似たような業種であれば、転職は非常に容易になります。とはいえ、なかなかの能力があるといっても一流企業の事務職系や公務員は時代や景気に関係なくかなりの難関を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。
  • 退職|派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のからみでやむを得・・

  • 派遣として働いています。派遣法とか労働契約法の関係で残念ながらずっと働いていた会社での仕事を終わらせなければなりません。同じ派遣の方の中には、派遣で就業している会社で直接雇用のポストをゲットした方もいるのですが採用された理由としてははっきり言うと仕事の実力というよりは派遣先上司の扱い方が上手な人でお引き立てがあった気配。仕事のスキルより上司正社員転がしスキルが大切なのだろうと抜擢されなかった別の派遣仲間と勤務先で文句を言う日々です。
  • 雇用中には、極力水面下で(自身のときは)雇用中に「転業するかも」という…

  • 在職期間にあるときは、できたら、周囲が気づかないように、(私の例ですが)在職期間中に転職する気持ちだけをはじめの時期に同僚に話してみました。けれども、その後に求人サイトをあれこれチェックしていったのですが、予想に反して転職先のあても、転職するタイミングすら何も進めていたので、知らぬ間に時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその傍ら、会社の方も業務の引き継ぎ、諸々の手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経たのち、次の就業先を再度探しました。
  • 就職活動において、インターネットでのエージェントを利用するケースもありますが…

  • 新しい仕事を探す際、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)つまり斡旋を行う会社が存在しますが、もしもそのエージェントに登録してその結果就職先を見つけられた場合でも、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。失業保険は、「ハローワーク」で然るべき手続きを取らないと失業保険の給付対象にはならないので気をつけなければいけません。一方、ハローワーク経由で斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就職に備える準備金として、「一時金」を得られたりもします。ウェブ上のエージェントは、私的機関です。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは無関係です。このようなことを無視していると、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。
  • 転職活動を行うのに、まずは今勤務している会社を辞職した後で…

  • 転職活動を行うときに、今勤務している会社を辞めた後でと考える人もいるようですが、そうするときにはボーナスが入る時期を事前に確認しておくのが無難です。ボーナスがもらえる会社はいくらでもありますが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが入る日まで少ししかないのなら、その日を待ってから会社を去るというのも得策です。ボーナスは結構たくさん入るので、もらっておかないともったいないともはっきりと言うことができますから、退職の際にはボーナスの時期を確認するのを忘れないようにするのが賢明な方法です。
  • 現在、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり…

  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、社名が公開されるなど、厳罰を処するようになってきましたが、まだまだ完全ではないのが現状です。したがって、面接で見破る必要があります。最初に、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらの項目を一点ずつ聞いてみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、質問したことが嘘であった場合、明確に返答できなかったり、「その場では答えられない」みたいな逃げようとすることがよくあります。「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳しく聞いていくと、渋い顔をするケースが多くあります。それでも食らいつくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、変だと思ったら、入社は止めるべきです。
  • 昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

  • 日本には古来より”石の上にも3年”という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は当たり前になりつつあります。ただ、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような甘い考え方は禁物です。実際に転職するにはタイミングというのも有るでしょう。はじめに、現在の職場・自分の置かれている立場などに関して、嫌だと感じいているポイントを、およそ10個、紙にリストアップしてみましょう。其れによって再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、行動を早めに取り、今より良い仕事ができるようにがんばりましょう。
  • 仕事を変えると、高い確率で以前の会社の仕事は大方の出来事は美化されます。

  • 仕事を変えると、高い確率で以前の会社の仕事での美化された記憶となります。現実には現在の仕事内容に向いていないと感じたから、それを解決するべくやっと転職を決意したはずなのに、いつしかどうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前の職場のほうが良いのでは?」と思ってくるのです。それというのは無理はなく、前職では日々の仕事を把握していて、楽にまいにちの業務を淡々とできていたのも一番の理由にあるはずです。その一方、「やっぱり退職などするべきでなかった」と悔やむほど、前の仕事のほうが職場環境や職場の雰囲気が良いことがあります。
  • 再就職時の面接で絶対といっていいほど投げかけられる・・

  • 再就職をする時に面接でだいたい質問されるのが辞めた原因についてですが、この質問に答える時には話の内容を辞職した会社に向けない方がベストです。会社を退職した経緯が的にされてしまうと必然的に良くない面を含んだ面接になってしまいますから。どういう風に進めればいいかというとどうして以前働いていた会社を辞めたかという点をぜひともこちらの会社に入りたいと思っていたからといった話に持っていくべきであり、面接に来た方の会社へ話の中心を持っていきましょう。その会社の話であれば、悪い面ではなくプラスの要素を含んだものに変えることが可能です。
  • 退職|今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」・・

  • 今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、「ヘッドハンティング」を専門に行う会社も増えています。特許権を取得した経歴のある人は、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人のほかに、「研究開発論文」を発表した人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何らかの実績も持つ人をターゲットに電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。万が一、あなたがヘッドハンティングと思えるような誘いを受けた際には、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。めったにないことですが、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を請求する会社もあるらしいですが、そのような会社はたぶんイカサマであるので騙されないようにしましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が支払うものではありません。
  • 求人関連の情報をチェックする時、「デスクワークがしたい」という人・・

  • 求人誌をチェックする時、オフィス系の仕事が希望だからと、製造業をチェックしていなかったりします。そういったことをしている人のほとんどは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしている場合もあります。現に、製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、人事、経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に属するお仕事もたくさん存在します。しかしながら、製造業は往々にしてビジネス街から外れたエリアにあるので嫌だと言う人もいるかもしれませんが、ですが、自分の執着をなくすことで仕事の選択肢が拡がるはずです。
  • 派遣先の会社が決定しました。就業1日目に派遣会社で営業を担当している方と…

  • 派遣で働く会社が決定しました。勤務の初日に派遣会社の営業の担当の方と会社の近くのコンビニで待ち合わせたところ、なぜか約束のお店の前にいないから中にいるのではないかと思い店の中に入ったところ、雑誌の所で座り込んでいやらしいグラビアのページを開いて見ているのを発見!こんな人が自分を担当するなんてやってられないだと感じて、挨拶することもなく気付かれないように店内から出てすぐさま派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。
  • 退職|転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。

  • 転社を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返しません。今では、ネットがあるので精神面を強くするヒントは直ぐに拾うことができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動によっても、メンタル面を鍛えることが可能です。オススメは、ズバリ「海外に行くこと」です。海外は、言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、刺激を受けることばかりです。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に驚き、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただし、退職後は精神的に弱くなりがちなので、気力回復のために休業期間も必要です。
  • あなたが持つ現在のスキルや資格が有利にはたらくよ・・

  • 今あるスキルや資格を有効活用しつつ、転職する場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種とそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を事前に知っておきましょう。転職の難易度が低めの業界では、たえず人材不足がいわれている「医療・介護」が代表例といえます。看護師および介護士の「資格」が必須であるため、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、何かしらの事情によって他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。安易に考えない事が必要です。再就職をされるのであれば、異業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 今やっている転職活動で「私は今までにこういった職…

  • 今がんばっている転職する活動をしているときに、「これまでこういった価値のあるの仕事を長く続けてきました」「今までにこういったスキルを身につけることができました」と自身の成功体験などを強調しようとする人はよく目にします。でも、転職先となる新しい組織で「させてもらえるのならばこうありたい」「このような業務ならぜひ貢献したい」と未来の話をして自己をアピールを狙ったほうがはるかに効果的だったりします。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。