退職・転職の囲み記事

再就職の際の面接は、中小企業であれば、おおよそ「人事」が面接官ですが、…

転職のときに行われる面接というのは、中堅企業クラスの場合、ほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、場合によっては、別の人が担当することになります。例えば、仕事を一緒にしていく作業部署の責任者、というような管理職クラスである課長や部長が面接を担当する可能性もあります。
退職・転職の囲み記事

転職の採用面接を受けにとある会社に伺ったときのことです。

転職の採用面接にとある会社に出向きました。その日に限って社内の会議室や応接室が空いていないとのことで社外で待ち合わせて面接が行われて、当該会場で解散し、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅からの最寄駅が同じ。ですから電車の中でも一緒にお話をしながら帰宅することになって、結果として緊張がなくなり面接よりお話が弾んで、それが良かったのか幸運にも採用を手に入れることができました。
退職・転職の囲み記事

転職先で見学などがあれば、すごく参考になります。

転職したいと考えている会社の会社見学ができれば、たいへん参考になります。とくに、「職人」がいる会社は、職人技を間近で見られて楽しめます。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ゼッタイに見学者には、いつもの現場を見せることはまずありません。その傾向が強いのはブルーワーカーなどの分野です。
退職・転職の囲み記事

退職|安定的な人生を願い正規の雇用社員を目指している人は多いのが現実だと思います。

安定的な人生を送りたいと「正社員」を目指す人は相当数いるのが現実です。が、即戦力として働けるようにいくら努力しても、正規雇用が叶わないこともあるでしょう。契約社員の求人募集はかなり充実しているのに、正社員の求人情報以外には目も通さずエントリーしない人も多いでしょう。
退職・転職の囲み記事

転職するため職探しをする場合に注意したほうがよい求人の募集内容は・・

就職活動する際に注意して欲しい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、拘束時間が長いものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがとても多いのです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間や45時間という感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。
退職・転職の囲み記事

転職時の面接で面接官から「転職理由をお聞かせください…

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。人事から「転職理由をお聞かせください」と必ずと言っていいほど質問されます。その際、どんな訳があっても、「人づきあい」「働く環境」についての内容は、できれば口にしないことをお勧めします。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスをダメにしてしまいます。
退職・転職の囲み記事

ここ最近は、株や不動産投資等の不労所得で儲けたり、個人事業、起業等、…

ここ最近は、株・不動産投資などといった不労所得のほか、個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような世の中の変化もあり、「会社員以外は不安定であぶない」といった考えも過去のものとなりつつあります。高度経済成長時代には、将来的に不安定な個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれていました。そのため人のあるべき形として、またそれが自然のことのように一般の人々に広まっていました。
退職・転職の囲み記事

自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きた…

趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は要注意です。私が実際に体験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが大好きだったのですが、前に、飲食店で仕事をしていた時期がありました。その飲食店での仕事内容は、そのお店で私が担当していた仕事内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。
退職・転職の囲み記事

退職|転職を、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意してほ・・

転職を、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にチェックしてほしいことがいくつかあります。まず派遣という言葉を聞くと、電話対応、その他雑用等をのような仕事内容をなんとなく連想する人がおそらく多いかと思います。私自身も現在勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「お願いしたい業務は電話対応になります」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。
退職・転職の囲み記事

将来に目を向け、楽しみを見出しながら再就職と向き合っていけば、…

将来に目を向け、楽しみながら再就職に向けての転職活動と付き合う事が出来れば、精神的な重荷を抑えられるので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。また精神的な部分が健全な状態のままであれば、じきに転職先も見つかるはずです。理想的なのは、やはり、休職せずに新しい職場を見付けることです。