退職・転職の囲み記事

退職・転職の囲み記事

大好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は注意が必要です。

自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私が実際に経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で飲食業界(レストラン)で仕事をしていた時期があります。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が任されていた業務内容は、盛り付け作業やホール業務です。
退職・転職の囲み記事

転職を、派遣社員」で考えている人にチェックしていただきたい…

転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意してもらいたい箇所があります。一般的に派遣に対して、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」などの業務内容をなんとなく連想する人がおそらく多いはずです。本音を言うとかく言う私自身もそう勘違いしていました。
退職・転職の囲み記事

楽しい気持ちを持ちながら再就職と向き合うことで、精神的な負担が減るの…

楽しみながら転職と向き合うことで、メンタル面への負担も軽減されるので、転職期間中の堕落も回避できます。それにメンタル部分が良好な状態であれば、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、休職によるブランクをつくらず新しい勤め先を見付けることが大事です。
退職・転職の囲み記事

退職|かつては求人誌では、募集要項の中に「性別」が、ハッキリと記載されていました。

何年か前までの求人誌には、必要とする人材の「性別」まで明確に記載されていました。しかしながら今では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、雇用する際、男女差別がしてはいけないルールが敷かれ、応募資格のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。
退職・転職の囲み記事

就職活動において、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント…

転職する際に、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する場合もあるかと思いますが、仮にそこに登録してその結果就職先が決まったとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには失業保険とは無関係なので後々、後悔しないように注意しておきましょう。
退職・転職の囲み記事

一般的に大きな会社は定期採用中心で、転職で入る事は簡単ではありません。

大半は大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職希望者には不向きです。おまけに、都心以外だと転職の可能性がとても少なくなりそうです。けれども製造業の企業においては、地方の工業団地で製造工場を置いていることも可能性があります。そういった地方の工場に的を絞れば、事業拡大にあわせて「中途採用」を併せて行っているので、そういった好機に転職を検討してもいいかもしれません。
退職・転職の囲み記事

知っている人による紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。

友人や知人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。それはいいけれど転職をした先の労働環境、その他の労働条件といった部分について友人知人からの口コミ情報のみであんまり信じすぎてしまうのは、後々問題になるおそれがあります。というのも、ある特定の人の口コミというのは主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。
退職・転職の囲み記事

転職先を探している期間中は、趣味に時間を費やすことに加え・・

転職先を探している間は、趣味に時間を費やすことに加え、体力を損なわない生活が良いと思います。再就職先が決まり、仕事復帰した際に、趣味に興じていたおかげで知らない間に集中力がアップします。そしてまた、体力アップしているために、他の社員たちと比べると疲れない身体になっている、と自覚します。
退職・転職の囲み記事

退職|再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」にお…

あなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移住した上で再就職したい、と希望する人、実践する人が増えています。一昔前とは違い求人情報サイトを駆使すれば、地方・郊外の求人も手軽にアクセスできるようになりました。残念ながら地方や郊外での求人に関しては、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのがデメリットといえます。
退職・転職の囲み記事

派遣社員であっても、1年ごとに自分の好きなタイミングで退職できるものではな・・

派遣社員であっても、好きなタイミングで辞められるわけではないと転職活動を通じて理解しました。新婚した後、生活に慣れたらなるべく早く子育てに取り組みたかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、数年くらい今までの継続で続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員より年収は少なかったですが、仕方ないので時間的な融通のために、この道を選択しました。