退職・転職の囲み記事

退職・転職の囲み記事

転職候補先の見学は、たいへん参考になります。

転職候補に挙がっている会社の会社見学は、すごく参考になります。そのなかでも「職人」がいる会社は、職人技を間近で見られるので楽しみです。しかし、「職人」がいる会社見学は、見学者には例外なく、普段の現場を見せることが少ないです。典型的なのは、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。
退職・転職の囲み記事

安定した生活を手に入れるべく正規社員を目指す人は多数だと思います。

安定的な暮らしを手に入れるために正規の社員として働こうと考えている人は相当います。とはいえ、役立つスキルを身に着けたりしていくら頑張っても中々正社員としての転職活動そのものが叶えられないこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人はたくさんあるのに正規雇用の求人に執着し、悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。
退職・転職の囲み記事

就職活動する場合に気を付けて欲しい募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく・・

転職活動時に注意が必要な求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いものです。こういった募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースがとても多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間、45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記がされています。
退職・転職の囲み記事

転職時の面接の際に人事担当から「転職理由をお聞かせください…

転職時の面接の際に面接官から「転職理由は?」とほぼ質問されます。このときに、どのような事情がであれ、過去の職場の「人間関係」「労働環境」が良くなかった返事などは、できる限り話さないほうがいいでしょう。というのも、此の様な内容の話は、印象が悪くなってしまい、チャンスをダメにしてしまいます。
退職・転職の囲み記事

現在は、株式・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだり・・

ここ最近は、株・不動産投資といった、不労所得で生活費を稼いだり、独立といった生き方も社会的に人気を集めています。そういったような社会的変化に伴い、「自営業は不安定だし危険」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長時代においては、安定しない自営業といった稼ぎ方よりも会社勤めの方がずっと安定していて、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認知されていました。
退職・転職の囲み記事

自分の好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。

自分の趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は要注意です。私が実際に体験したことなのですが、私は、もともと食べることが本当に好きで以前は、飲食店(レストラン)で勤務していた期間があります。その飲食店での仕事内容は、そのレストランで担当していた業務内容は、盛り付けやホール業務でした。
退職・転職の囲み記事

転職の際、派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えてほ・・

転職で、派遣社員」で考えている人にぜひ覚えていてほしい箇所が何点かあります。まずはじめに派遣というと、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」といった仕事内容をなんとなくイメージされることがおそらくいるはずです。私自身もそう思ってました。今の企業に入るまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「担当する業務は電話対応になります」と直接派遣会社の担当者からも聞いていました。
退職・転職の囲み記事

楽しく過ごしつつ、再就職に向けての転職活動と付き合う事が出来れば…

たのしい気持ちでいながら転職活動をすることができれば、精神的な重荷も少ないので、転職期間中の堕落も避けられるでしょう。またメンタルが健全な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。そうする為には、やはり、休職せずに転職先を見つけることが大切です。
退職・転職の囲み記事

かつては求人誌では、募集要項の中に「性別」まで、ハッキリと記載されていました。

以前の求人情報には、求める人材の「性別」まで書かれていました。ですが今では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女の求人や、採用での差別をしてはいけない事となり、応募条件のなかに男女の性別を記載しないようになりました。そういった時代になったのですが、募集を出す側としては、本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。
退職・転職の囲み記事

転職において、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント…

新しい職を探す際、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」のお世話になるケースもありますが、もしもその種の業者に登録した結果就職先をうまく見つけたとしても、「失業保険」は給付対象外となるので、注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには失業保険をもらうことはできないので注意すべきです。