退職・転職の囲み記事

退職・転職の囲み記事

退職|派遣の仕事が決定しました。仕事の最初の日に派遣会社の営業担当の…

派遣で働く会社が決定しました。仕事の1日目に派遣会社で営業を担当している人と勤務先の近くのコンビニで落ち合う約束をしていたのですが、なぜか約束した店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたら彼はこともあろうに雑誌コーナーの前にしゃがみ込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いて見ているのを発見しました。
退職・転職の囲み記事

退職|転職をするための活動を行う際は、最初に必ず自分自身の…

転職活動中はとにかく、最初にゼッタイに心が慌てないことを意識しましょう。まだ会社を辞めないで転職をするための活動を行う場合はたいして気にしなくても良いですが、退職の後にするのだったら、どうしても心のうちが焦燥感が出るものです。なので、慎重に活動することを忘れないようにしましょう。
退職・転職の囲み記事

再就職時の採用面接では、中小企業であれば大体が人事担当者ですが、…

転職時の採用面接では、小企業であれば、概ね「人事」が面接担当ですが、それ以外にも例を挙げるとしたら、これから仕事をすることになる責任者、わかりやすく言うと中間管理職である部長や課長が面接を担当する可能性も考えられます。特に、事務・営業などの部署に転職するのなら、資格を通じた具体的なイメージはありませんので、自信をもって自身をアピールしていくことが重要になります。
退職・転職の囲み記事

退職|転職における面接にある会社に向かいました。

転職の面接を受けるため赴きました。その会社の部屋が空きがないというわけで社外で採用担当の人と待ち合わせて面接をし、その場で解散、面接担当者も会社には帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、なんと自宅最寄駅が私と同じ。それで電車内においても一緒に話をしながら帰宅することとなり、その結果打ち解けて面接より話が弾んで、それがプラスに働いたのか何の問題もなく採用を勝ちとることができました。
退職・転職の囲み記事

転職したいと考えている会社で見学などがあれば、たいへん勉強になります。

転職候補先の見学ができれば、非常に勉強になります。とりわけ、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるため、気持ちが高ぶります。しかし、「職人」がいる会社見学は、たいてい見学者には、いつも通りの仕事風景を見せてくれることはまずありません。例を挙げるとブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。
退職・転職の囲み記事

安定を送りたいと正規の雇用社員として働きたいと考えている人は…

安定性を希望して正社員になりたい人はかなり多いのが現実だと思います。とはいえ、いくら努力しても、正社員としての転身が叶わないこともあるでしょう。準社員の求人を見たとしても、正規雇用の求人募集に固執し、応募しない人も少なくないでしょう。しかしあなたが、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。
退職・転職の囲み記事

就職活動をする際に注意が必要な求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高・・

転職のため仕事探しをする場合に気を付けて欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。こういった求人内容は、給料に『みなし残業代』を含んでいることが少なくありません。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間、45時間という感じで求人の記載内容に時間の併記がされています。
退職・転職の囲み記事

転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。面接官から「転職理由をお聞かせください」という風に、聞かれることは間違いありません。このとき、どんなにあなたが間違っていなくとも、前の職場の「労働環境」「人間関係」についての愚痴やトラブルを絡めた返答などは、できるだけ口にしないことをお勧めします。
退職・転職の囲み記事

近頃、株・不動産投資といった、不労所得で生活資金を得たり…

近頃、株・不動産投資の不労所得を得たり、自営業・起業といった生き方も増えています。そういった社会的背景もあり、「自営業は不安定であぶない」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長期には先の見えない個人事業で生きるよりも組織の一員であるほうがずっと安定性があり、人生のもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように一般の人々に認知されていました。
退職・転職の囲み記事

退職|自分の大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は要注意です。

自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意が必要です。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私は、もともと食べることが趣味でそれが理由で、以前は、飲食業界で働いていたことがあります。そのお店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。