退職・転職の囲み記事

退職・転職の囲み記事

安定的な人生を手にするべく正規の雇用社員になろうとしている…

安定的な人生を求めるべく「正社員」として働きたいと考えている人は少なくない、というのが現状です。ただ、かなり努力していても、中々正社員としての転職活動がうまくいかないこともあります。契約社員や派遣社員の求人募集がかなり目につくのに正規雇用の求人以外には目も通さずエントリーしない人も多いでしょう。
退職・転職の囲み記事

就職のため仕事探しをする際に気を付けたほうがよい求人情報…

転職活動中に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束される時間が長いというものです。こういった求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがたいへん多いのです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間や45時間という風に求人の記載内容に時間が併記してあります。
退職・転職の囲み記事

退職|転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」と質問されるのは間違いありません。この時に、いかなる理由があったにせよ、以前の職場の人づきあいや労働環境についての不満やトラブルを絡めた内容は、絶対にしないようにしましょう。
退職・転職の囲み記事

近頃、株・不動産投資をはじめとした不労所得や独立といった生き方も社会的に人気を集めています。

現在では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活費を稼いだり、個人経営 といった生き方も増えています。そういったような社会的変化に伴い、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった今までの常識も変わってきています。高度経済成長期に関しては先行きがみえない自営業者よりも雇われているほうが堅実でした。
退職・転職の囲み記事

大好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は注意が必要です。

自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私が実際に経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で飲食業界(レストラン)で仕事をしていた時期があります。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が任されていた業務内容は、盛り付け作業やホール業務です。
退職・転職の囲み記事

転職を、派遣社員」で考えている人にチェックしていただきたい…

転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意してもらいたい箇所があります。一般的に派遣に対して、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」などの業務内容をなんとなく連想する人がおそらく多いはずです。本音を言うとかく言う私自身もそう勘違いしていました。
退職・転職の囲み記事

楽しい気持ちを持ちながら再就職と向き合うことで、精神的な負担が減るの…

楽しみながら転職と向き合うことで、メンタル面への負担も軽減されるので、転職期間中の堕落も回避できます。それにメンタル部分が良好な状態であれば、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、休職によるブランクをつくらず新しい勤め先を見付けることが大事です。
退職・転職の囲み記事

退職|かつては求人誌では、募集要項の中に「性別」が、ハッキリと記載されていました。

何年か前までの求人誌には、必要とする人材の「性別」まで明確に記載されていました。しかしながら今では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、雇用する際、男女差別がしてはいけないルールが敷かれ、応募資格のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。
退職・転職の囲み記事

就職活動において、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント…

転職する際に、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する場合もあるかと思いますが、仮にそこに登録してその結果就職先が決まったとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには失業保険とは無関係なので後々、後悔しないように注意しておきましょう。
退職・転職の囲み記事

一般的に大きな会社は定期採用中心で、転職で入る事は簡単ではありません。

大半は大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職希望者には不向きです。おまけに、都心以外だと転職の可能性がとても少なくなりそうです。けれども製造業の企業においては、地方の工業団地で製造工場を置いていることも可能性があります。そういった地方の工場に的を絞れば、事業拡大にあわせて「中途採用」を併せて行っているので、そういった好機に転職を検討してもいいかもしれません。